九州経済産業局 > 政策紹介 > 中小企業支援 > 中小企業等経営強化法に基づく先端設備等導入計画

中小企業等経営強化法に基づく先端設備等導入計画

最終更新日:2022年4月8日

経済産業省・中小企業庁では、中小企業の生産性の向上に向けた取組を促進するため、市区町村の先端設備等導入計画の認定を受けた中小企業の設備投資を支援します。 ※「生産性向上特別措置法」は、令和3年6月16日に廃止されており、以下の内容については、令和3年6月改正後中小企業等経営強化法等に基づき記載しております。

中小企業等経営強化法に基づく先端設備等導入制度による支援の概要について

(1)支援内容は以下の3点

  • 生産性を高めるための設備を取得した場合、固定資産税の軽減措置により税制面から支援(地方税法に基づき課税標準を3年間ゼロから1/2で市町村の定める割合に軽減)
  • 計画に基づく事業に必要な資金繰りを支援(信用保証)
  • 認定事業者に対する補助金における優先採択(審査時の加点)

(2)支援を受けるためには?

中小企業者は(3)に記載の書類を作成し、市町村から認定を受けます。

(3)提出書類は?

(4)提出先は?

また、九州経済産業局では、中小企業等経営強化法に基づき、市町村が作成する導入促進基本計画に同意をしています。提出書類は、新たに導入する設備が所在する市町村であって、導入促進基本計画の同意を受けた市町村窓口にご提出ください。

(5)その他について

先端設備等導入計画に係る以下の中小企業庁のページをご参照ください。

経営サポート「先端設備等導入制度による支援」(中小企業庁)

先端設備等導入計画のスキーム図先端設備等導入計画の認定フロー

▲このページの先頭へ