九州経済産業局 > 政策紹介 > 金融・再生支援・事業承継 > 中小企業事業承継支援

中小企業事業承継支援

最終更新日:2019年9月13日

1.経営承継円滑化法

中小企業の事業承継を総合的に支援する「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」(経営承継円滑化法)には、遺留分に関する民法の特例、事業承継資金等を確保するための金融支援や事業承継に伴う税負担の軽減(事業承継税制)などの支援を受けるための手続きが定められています。

詳細は「経営承継円滑化法の概要」をご覧下さい。

2.事業引継ぎ支援センター

後継者問題を抱える中小企業・小規模事業者の事業引継ぎや事業承継の促進・円滑化を図るために、各都道府県に設置されている事業引継ぎ支援センターが、課題の解決に向けた適切な助言、情報提供及びマッチング支援等をワンストップで行います。事業引継ぎ支援センターでは、創業希望者と後継者不在事業主等とのマッチングも行っています。

 詳細は、「事業引継ぎ支援センターについて」をご覧下さい。

3.地域での事業承継に向けた取組み(プッシュ型事業承継支援高度化事業(受託機関:野村證券株式会社))

各県に設置された承継コーディネーターやブロックコーディネーター等が、事業承継ニーズを掘り起こし、事業承継計画の策定や課題解決のための専門家派遣などのきめ細かな支援を行っています。

事業承継診断等支援データを活用し、業種や業界、地域の特性などに応じて、各県内の事業承継の支援戦略を策定することにより、成長性の高い事業者や地域等を支援しています。

 詳細は、「地域での事業承継に向けた取組ページ」をご覧下さい。

▲このページの先頭へ