1. ホーム
  2. 政策一覧
  3. 中小企業の海外展開支援(1万者支援・事例集)

中小企業の海外展開支援(1万者支援・事例集)

最終更新日:2024年04月17日

新規輸出1万者支援プログラム

「新規輸出1万者プログラム」は新たに輸出に取り組む事業者を支援するプログラムです。本プログラムでは、経済産業省、中小企業庁、ジェトロ及び中小機構が一体となり、全国の商工会議所、商工会等の協力を得て普及を図り、日本公庫、INPIT 及び NEXIと連携し、新たな輸出の実現を支援します。
プログラム登録後のカウンセリングで、輸出の実現に向けて事業者が個々に抱える課題や、実現に向けた準備状況に応じた最適な支援 策を提案します。まずは、下記のジェトロのポータルサイトからご登録ください。

イメージ

ご提案できる支援策の例

ものづくり・商業・サービス補助金(グローバル枠)外部リンク

新商品開発にかかる生産設備の導入経費からブランディング・プロモーション(商品紹介PR動画の作成など)に係る経費まで一貫して支援します。
補助上限額:3,000 万円(大幅賃上げを行う場合: 3,100 万円~ 4,000 万円)
補助率:1/2(小規模事業者は2/3)

JAPANブランド育成支援事業事例集

【重要】
令和4年度までのJAPANブランド育成支援事業は、「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業」のうち、グローバル枠に統合されることになりました。今後の公募状況等は、ものづくり補助金総合ページ外部リンクからご確認ください。

JAPANブランド育成支援事業は、優れた素材や技術等を活かした自社の製品やサービスを保有している中小企業者等が、海外展開やそれを見据えた全国展開のために、新商品・サービスの開発・改良、ブランディング等を実施することにより、海外のマーケットで通用するよう商品力・ブランド力を高め、新たな海外での販路開拓の取組を支援するものです。

中小企業の海外展開支援

九州経済産業局では、新輸出大国コンソーシアム※に基づき、(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)の九州管内各事務所、(独)中小企業基盤整備機構九州本部と連携し、ハンズオン支援体制を強化し、中小企業の海外展開を支援しています。本サイトでは、中小企業の皆様が活用可能な支援施策を発信していきます。

※新輸出大国コンソーシアムとは?

TPP11、日 EU・EPA、その他日本との経済連携協定のメリットを最大限活用し、グローバル市場開拓・事業拡大を目指す中堅・中小企業が海外展開を図る上では、国際標準化から販路開拓に至るまでの総合的な支援が必要です。「新輸出大国コンソーシアム」(以下、コンソーシアム)は、政府系機関、地域の金融機関や商工会議所など国内 各地域の企業支援機関が幅広く参加し、海外展開を図る中堅・中小企業等に対して総合的な支援を行います。
海外展開を目指す企業は、コンソーシアムに参加している複数の企業支援機関からそれぞれの専門性を活かした様々な支援を受けることができます。
ジェトロは、コンソーシアムの事務局として取りまとめ機能を担う一方、企業の海外展開を支援してきた公共機関として一層きめ細かい支援を提供していきます。

参考

メールマガジン登録のご案内

九州企業の皆様の海外ビジネス支援を目的に、ジェトロ九州内各貿易情報センター、中小企業基盤整備機構九州本部など関係機関との協力のもと、イベントや支援施策の情報を週1回程度「海外ビジネスサポート通信」としてメール配信しています。
ご希望の方はこちらの登録フォームからお申込ください。

お問合せ先

九州経済産業局 国際部 国際課
電話:092-482-5423