九州経済産業局 > 政策紹介 > 電力事業

電力事業

最終更新日:2017年11月14日

主要政策課題

将来の電力需要に合わせて着実に電源開発を進めること

  • 我が国の経済社会活動及び国民生活にとって、電力は必要不可欠なエネルギーであり、経済・産業社会の発展及び国民生活の高度化に伴い、これまで電力需要は着実な増加を続けてきています。
  • こうした需要の増加に対応し、安定的に電力を供給するためには、供給コストの低減や地球環境問題にも配慮し、バランスのとれた電源の最適構成(ベストミックス)の実現に向け所要の電源開発を進めることが重要です。
  • しかしながら近年、燃料供給の安定性があることやCo2の排出等の環境負荷が少ないという優れた環境特性等を有する重要電源である原子力発電を中心として、電源開発に要する時間(リードタイム)の長期化傾向が顕著となっています。
  • こうした中、環境保全、特に地球温暖化問題については、京都議定書削減目標の達成に向けて、電力分野においても地球温暖化防止対策を一層強力に推進していくことが求められています。

新着情報

>>過去の新着情報はこちら

お知らせ

▲このページの先頭へ

問い合わせ窓口
資源エネルギー環境部 電力・ガス事業課
電話:092-482-5517
FAX:092-482-5398