九州経済産業局 > 政策紹介 > 知的財産・特許 >

世界知的所有権機関(WIPO)の環境技術推進事業「WIPO GREEN」への参加を表明しました

2021年11月22日
12月6日更新
九州経済産業局

九州経済産業局は世界知的所有権機関(WIPO)が実施する環境技術の促進を目的とした事業である「WIPO GREEN」に、国の地方出先機関としてはじめて参加することとなりました。国際機関が運営するグリーンテクノロジー事業に参加し、オンラインデータベースや関連イベントにより、九州管内においてポテンシャルが大きい環境エネルギー分野の関連技術を海外に向けて発信するとともに、特許や商標の国際出願の利用促進を通じて中小企業等の海外展開を支援することにしています。

共同発表

写真:WIPO GREEN1  写真:WIPO GREEN2

※11月17日福岡市において開催された九州知的財産活用推進協議会に合わせて、WIPO日本事務所長と九州経済産業局長による
共同発表を実施しました。

ご参考

  • 世界知的所有権機関(WIPO:World Intellectual Property Organization)
    国際的な知的財産制度の発展を所管する国連の専門機関。本部はスイス・ジュネーブ、加盟国数は日本を含む193か国、知的財産に関する26の国際条約を管理(2021年10月現在)。
  • WIPO GREEN外部リンク
    WIPO GREENは、低炭素な未来への移行を支援する環境に優しいテクノロジーの発展と利用を拡大するため2013年に設立。オンラインデータベースや世界各地の活動を通じて環境技術の希望者と提供者をつなぐとともに、130を超える世界の政府機関や団体、企業、大学等がパートナーとして活動の支援を実施。
 
本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 産業技術革新課 知的財産室
担当:金子、石井
電話:092-482-5463 FAX:092-482-5392
九州経済産業局 〒812-8546  福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目11番1号  福岡合同庁舎本館(6階、7階)
 > 周辺図・交通案内   > 組織表&電話番号一覧(ダイヤルイン)