九州経済産業局 > 政策紹介 > 消費者行政 > 消費者相談事例

電話勧誘による資格商法
受講するだけでは国家資格は取れません

相談内容

職場に電話がかかり、「この資格があると将来役立つから受講するように。受講するだけで国家資格がとれる。」と言われた。はじめは断っていたのだが、数回にわたる長時間の勧誘を受け、疲れて果ててしまい、受講すると言ってしまった。
2日後に教材と契約書が届いたが、受講したくない。

アドバイス

電話勧誘販売での契約は、特定商取引に関する法律が適用されるのでクーリング・オフ期間内に書面で通知すれば契約解除ができる。クーリング・オフをすると、消費者は教材を返品しなければならない。ただし、引取費用は販売業者負担となる。
契約する意思がないときは、はっきりと断ること。

電話勧誘販売においては、販売業者が自宅や職場に電話をかけて勧誘を行います。消費者が勧誘内容がよくわからずにあいまいな返答をしていると、販売業者は勝手に契約を承諾したとみなし、契約書を送ってくる場合があります。契約は口頭でも成立します。なお、すでに勧誘を断った者に対して再度勧誘を行うことは禁止されています。契約する意思がないときは、はっきりと断る必要があります。

本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 産業部 消費者相談室
電話:092-482-5458 FAX:092-482-5959