九州経済産業局 > 政策紹介 > 消費者行政 > 消費者相談事例

訪問販売による布団セットの購入
使用した布団セットはクーリング・オフ可能なのか?

相談内容

自宅を訪問した販売員に「この敷き布団を使用すると血行がよくなって、健康によい」と勧められ、布団セット(5点)を購入した。しかし、敷き布団は購入後3日間使用したが効果は期待できそうになく、他の布団も必要ない。価格も高いので返品したいが、一度でも使用したものは返品できないのだろうか。

アドバイス

この場合は特定商取引に関する法律に該当するため、クーリング・オフ期間内であれば書面で通知することにより、無条件で契約解除ができる。
布団は消耗品ではないので、通常の使用であればそのまま返品すればよく引取費用は販売会社の負担となる。

訪問販売では、強引な勧誘、調子のよい販売トーク、過量販売などが問題となっています。契約するにあたっては、必要なものかどうか、価格や量は適当かどうか、支払は可能かどうか等を十分検討するようにしましょう。迷ったらその場で決めず、家族等に相談しましょう。

本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 産業部 消費者相談室
電話:092-482-5458 FAX:092-482-5959