九州経済産業局 > 政策紹介 > 消費者行政 > 

平成30年度の九州の消費者相談件数を取りまとめました

2019年8月8日
九州経済産業局

九州経済産業局は、平成30年度における当局の消費者相談件数を取りまとめましたので、お知らせします。

概況

  • 平成30年度における当局の消費者相談件数は、523件で、前年度より24件増加(+4.8%)となりました。
  • 事項別では、「特定商取引」に関する相談が最も多く372件(71.1%)。次いで「割賦関係」が66件(12.6%) となっています。一方、「先物取引関係」に関する相談は前年度に引き続き0件となっています。
  • 特定商取引法関係に関する相談の内訳では、「訪問販売」に関する相談が128件(24.5%)で最も多く、次いで「通信販売」に関する相談が79件(15.1%)、「連鎖販売取引」に関する相談が53件(10.1%)の順となっています。

発表資料

関連リンク

平成30年度における消費者相談の概況について(PDF)(経済産業省)

平成30年度における消費者相談の概況(概要)(PDF)(経済産業省)

本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 産業部 消費者相談室
電話:092-482-5458 FAX:092-482-5959