九州経済産業局 > 政策紹介 > 製造産業・ものづくり > 

象牙製品又はタイマイ等の甲等の売買を行う業者の皆さんへ!

平成30年6月22日
九州経済産業局

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」(以下、「種の保存法」)に基づき、象牙製品等(全形を保持していないカットピース(分割牙)及びその加工品を示す。種の保存法第12条第1項第4号で規定される「特別特定器官等」を示す。以下、同じ。)の取引(有償、無償を問わない。以下、同じ。)を事業として行う者(個人事業主又は法人)は、あらかじめ環境大臣及び経済産業大臣に登録を行うことが必要です。

手続き方法、様式の書類は以下のホームページから入手可能です。

また、うみがめ科の甲(背甲、肚甲、縁甲(ツメ)、端材、半加工品を示す。完成品は含まない。以下、同じ。)の取引(有償、無償を問わない。以下、同じ。)を事業として行う者(個人事業主又は法人)は、あらかじめ環境大臣及び経済産業大臣に届出を行うことが必要です。

手続き方法、様式の書類は以下のホームページから入手可能です。

全形を保持した象牙(生牙、磨牙、彫牙)又はタイマイ等の甲を取り扱う場合は、認定機関(一般財団法人自然環境研究センター)に登録が必要です。

なお、登録先及びお問い合わせ先は経済産業省ホームページにてご確認ください。

本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 製造産業課
電話:092-482-5445 FAX:092-482-5538