九州経済産業局 > 政策紹介 > IT・エレクトロニクス > IoTの推進(九州IoTコミュニティ) > 

 会員企業(技術提供事業者)のIoTにかかる事業領域について(参考)

IoTの技術的な仕組みは、いくつかの階層に分けて考える必要があります。IoTシステムの基本的構成は、「センサーがデータを取得し、ネットワークを介して集めて、分析に繋げ・・」というものであり、全ての階層の機能を必要としますが、これをひとつの企業で網羅するのは難しいとされています。従って異なる階層(事業領域)でお仕事をされている事業者は「協業相手」となる可能性があり、会員事業者の申し出に基づき、『事業領域』を一覧できるよう表にしました。

平成29年9月30日現在
 事業領域(注1)PRコメント
事業者名System/DeviceConnectibity PlatformAnalyticsApplication
(株)アーネットセンサFWから業務アプリまで幅広く開発
(株)インフォコム西日本介護業務の効率化に取り組んでいます。
カマルク特定技術研究所(株)自社開発のIoTシステムの企画・販売
住友商事九州(株)センサ選定からAI分析までフルサポート。
(株)デンケンHEMSとセンサーターミナルの開発
南国システムサービス(株)SIベンダーとして事業を行っております。
ネットワンシステムズ(株)機器調達及び設計構築運用を行っております
平田機工(株)世界の生産エンジニアリングメーカー
(株)福山コンサルタント内水氾濫監視センサー等を開発しています。
(株)フジクラ光ファイバ関連製品、通信機器、圧力/酸素センサを製造。
(株)メディアプランIoTアプリケーションの開発をしています
安川情報システム(株)データ収集~活用まで、ワンストップで提供
(株)ユースフルデータの解析、WebAPPの構築等

○:自社の事業領域
△:協力会社との連携により対応可

(注1)事業領域の説明

  1. System/Device:各種センサー、スマホ、ドローンなど実際に通信するモノの分野
  2. Connectibity:3G/LTE、Wifiなど通信モジュールや通信回線、中継網、ルータなどの通信機器の分野
  3. Platform:各レイヤーの管理/運用を実現するプラットフォーム。認証、課金などの分野
  4. Analytics:モノが収集したデータの蓄積、分析。アクションにつなげる分野
  5. Application:データ分析結果をもとに特定のアクションに繋げるためのアプリケーション
本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 情報政策課
担当者:高田、中村
電話:092-482-5440