九州経済産業局 > 報道発表

 > イベント情報

 > 政策紹介

知財のミカタ~巡回特許庁in宮崎~を開催します

2020年9月24日
九州経済産業局

九州経済産業局及び特許庁は、令和2年10月28日(水曜日)に、宮崎市で「知財のミカタ~巡回特許庁in宮崎~」を開催します。「地域ブランド」をテーマとした基調講演の他、地域のものづくり企業によるトークセッションなど、各分野において第一線で活躍する専門家や企業を講師に迎えた魅力的なプログラムをご用意しています。

知財のミカタロゴ

「知財のミカタ~巡回特許庁in宮崎~」とは

知財に対する、「自分には関係ない」、「難しそう」というみなさまの“見方”を変え、知財をみなさまの“味方”にすることをコンセプトに、全国各地で「知財のミカタ~巡回特許庁~」というイベントを参加無料で開催しています。

今年度九州地方では、「地域ブランド」をテーマとして、「巡回特許庁in宮崎」を宮崎市で開催します。基調講演では、「大衆魚・サバが引き起こした奇跡」をテーマに、サバという日本人にとって「当たり前」すぎる魚が、なぜブランド化や新規事業創出により数々の成功事例を引き起こしたのか、ご紹介します。

サブセッションでは、コロナ渦で新事業への挑戦をしている株式会社ワン・ステップの山元洋幸代表取締役社長や、宮崎県で活躍される実績豊富な専門家の方々を招いて、コロナ禍で新たなビジネスに挑戦する際の知財への気づきや、宮崎における知財創成・活用の現状や今後の在り方について、トーク形式でご紹介します。

開催概要

開催日

令和2年10月28日(水曜日) 13時00分~17時30分

開催場所

シーガイアコンベンションセンター(宮崎県宮崎市山崎町浜山)

主催

九州経済産業局、特許庁

定員

50名  ※参加無料

プログラム(詳細はリーフレット参照)

メインセッション(基調講演)
「大衆魚・サバが引き起こした奇跡」~サバブームにみる地域成功事例~
薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト/全日本さば連合会広報担当‟サバジェンヌ“ 池田 陽子 氏

サブセッション1
「コロナで生まれた新事業への挑戦」
株式会社ワン・ステップ 代表取締役社長 山元 洋幸 氏
若林ビジネスサポート代表 兼 事業構想大学院大学客員教授 若林 宗男 氏※ファシリテーター

サブセッション2
「宮崎発,知財創生!」
日本弁理士会九州会 弁理士 川口 敬義 氏※ファシリテーター
日本弁理士会九州会 弁理士 田代 茂夫 氏
日本弁理士会九州会 弁理士 小木 智彦 氏
(公財)宮崎県産業振興機構よろず支援拠点 サブチーフコーディネーター 長友 慶徳 氏

何でも相談コーナー

知財や経営に関するご相談・お悩みに、特許庁の産業財産権専門官や、INPIT宮崎県知財総合支援窓口、宮崎県よろず支援拠点等の
支援担当者が無料で受け付けます。

参加申込方法

QRコードはこちら

インターネット、FAX、メールアドレスにて、10月23日(木曜日)までに運営事務局あてお申し込みください。

参加申込等の詳細は、以下のホームページをご覧ください。

令和2年度「知財のミカタ~巡回特許庁~」 特設ホームページ外部リンク

右記QRコードからもご覧いただけます。

なお、本イベントの開催にあたっては、ご来場の皆様の安全に配慮し、政府、自治体及び会場の指針等に沿って、新型コロナウイルス感染症対策のため、マスクの着用やアルコール消毒、検温・問診、ソーシャルディスタンスの確保等の対策を実施します。ご来場の皆様におかれましては、何とぞご理解・ご協力の程、よろしくお願いいたします。また、新型コロナウイルス感染症の状況により、開催形態の変更や中止となる可能性がございますので、最新の開催情報については、特設ホームページを必ずご確認ください。

関連リンク

知財のミカタ~巡回特許庁~(特許庁ホームページ)

資料

「知財のミカタ~巡回特許庁 in 宮崎~」リーフレット(PDF:853KB)

本発表資料のお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 産業技術課 知的財産室長 坂田
担当者:金子、石井
電話:092-482-5463  FAX:092-482-5392