九州経済産業局 > 報道発表

 > イベント情報

 > 政策紹介

「知財のミカタ~巡回特許庁in長崎~」を開催します
~見方を変えて、知財を味方に~

2019年10月2日
九州経済産業局

九州経済産業局、特許庁は、令和元年11月19日(火曜日)に、「知財のミカタ~巡回特許庁in長崎~」を開催します。長崎県では初の開催となります。

元 日清食品ホールディングス株式会社 知的財産部部長の加藤正樹氏によるインスタントラーメンを題材とした基調講演をはじめ、波佐見焼のブランド化へ向けた取組みの講演などのプログラムを用意しています。また、特許庁審査官による出張面接を九州地域で集中的に実施します。

「知財のミカタ~巡回特許庁~」とは

知財は、「自分には関係ない」、「難しそう」といった知財の“見方”を変え、知財を“味方”にして活用するきっかけ作りを目的に、巡回特許庁を開催します。

昨年、世界遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」をはじめ、豊富な地域資源を持つ長崎県で、波佐見焼のブランド化への取組みに関する講演を行い、メインセッションでは、みなさまに身近なインスタントラーメンを題材としたヒット商品と知的財産戦略に関する講演等を行い、知的財産の重要性をお伝えします。

また、期間中(11月19日~12月16日)は各地に特許庁審査官が審査中の案件について面接を行う「出張面接」を九州全域で集中的に実施します。

知財のミカタ~巡回特許庁in長崎~

開催日:令和元年11月19日(火曜日)

開催場所:ホテルニュー長崎 (長崎県長崎市大黒町14番5号)

イベントのプログラム

  • メインセッション 13時00分~14時20分

日本が生んだ世界食インスタントラーメン ~ヒット商品の舞台裏~
加藤 正樹 氏(元 日清食品ホールディングス株式会社 知的財産部部長)が、20世紀最大のヒット商品と言われるインスタントラーメンの開発秘話と知的財産について、具体的な事例を交えながら、舞台裏にあった知財戦略についてわかりやすく講演します。

  • 個別セッション
  1. 波佐見焼のブランド化へ向けた取り組み 14時45分~15時45分
    今日では知名度のある波佐見焼。昔は他の陶磁器産地と比べると知名度がありませんでした。その状態をどのようにしてブランド化させていったのか、児玉 盛介 氏(波佐見焼振興会 会長)が、取組みの姿勢について講演します。
  2. 知財情報を活用しよう ~J-PlatPatでの特許・商標検索~
    (特許)14時45分~15時45分 (商標)16時00分~17時00分
    INPIT((独)工業所有権情報・研修館)が提供する知財情報の検索サービス「J-PlatPat(特許情報プラットフォーム)」は、インターネットを通じて誰でも無料で利用することができ、初めての方でも「ぷらっと」寄って情報を「ぱっと」見つけられるサービスです。
    技術用語のキーワードなどから特許文献を検索する方法やネーミングやマークの特徴から商標を検索する方法など、基本的な操作方法を実習形式で説明します。
  • 何でも相談コーナー(申込不要) 13時00分~17時30分

セミナー当日は、みなさまの知財や経営に関するお悩みについて、特許庁の審査官・産業財産権専門官やINPIT長崎県知財総合支援窓口、長崎県よろず支援拠点、日本規格協会の標準化アドバイザーが事前申込み不要で対応します。

イベントの詳細はリーフレット(PDF:321KB)をご覧ください。

出張面接

開催期間:令和元年11月19日(火曜日)~12月16日(月曜日)

開催場所:九州地域(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)

参加申込方法

QRコードはこちら

プログラム・参加申込等の詳細は、「令和元年度 知財のミカタ ~巡回特許庁~」運営事務局 特設ホームページ外部リンクをご覧ください。

右記QRコードからもご覧いただけます。

資料

本発表資料のお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 産業技術課 知的財産室長 坂田
担当者:神前
電話:092-482-5463  FAX:092-482-5392