九州経済産業局 > 報道発表

 > イベント情報

 > 政策紹介

AI人材育成「データサイエンスプロ短期集中コース」
及び「データ解析よろず相談窓口」の説明会を開催します

2019年6月17日
九州経済産業局

申込受付は終了しました(6月21日更新)

経済産業省九州経済産業局は、国立大学法人九州大学と連携して、「データサイエンスプロ短期集中コース」及び「データ解析よろず相談窓口」を開設し、企業のデータサイエンス力の向上を図るとともに、当該取り組みの説明会を開催します。

趣旨

政府が推進するSociety5.0の実現において、AIの社会実装は必須であり、その担い手としてデータサイエンティストの育成は喫緊の課題です。

しかしながら、データサイエンティストについては、数学の知識、プログラミングの知識、ビジネス現場への実装をはじめとするビジネス力など多様なスキルが求められており、全てのスキルを備えた人材を育成するのは多大な時間を要し1組織で取り組むことは限界があります。

このため、経済産業省九州経済産業局は、国立大学法人九州大学と連携して、次の取り組みを行います。

概要

(1)「データサイエンスプロ短期集中コース」

経済産業省九州経済産業局は、国立大学法人九州大学と連携して、プログラムの知識やビジネス力を有しておきながら数学などの知識に不安のある企業向けに、高度な数学の知識を身に付けるための「データサイエンスプロ短期集中コース」を開設し、企業担当者のデータサイエンス力の向上を促進します。

(2)「データ解析よろず相談窓口」

データサイエンス実践を通じたデータサイエンス力向上のため、ビジネス力を有しながら高度な数学などの知識を有しておらず課題を抱えている企業と高度な数学の知識などを有する大学を連携させる必要があります。このため、経済産業省九州経済産業局は両者のマッチングのため、国立大学法人九州大学と連携し企業向けに「データ解析よろず相談窓口」※を開設します。

※「データ解析よろず相談窓口」は令和元年7月1日に国立大学法人九州大学内に設置されます。

(3)上記取組の説明会の開催

経済産業省九州経済産業局は、国立大学法人九州大学と連携して、「データサイエンスプロ短期集中コース」及び「データ解析よろず相談窓口」についての説明会を以下のとおり、開催いたしますので皆様のご参加をお待ちしております。

  • 対象:データ活用を検討している企業の担当者をはじめとする社会人
  • 日時:令和元年7月1日(月曜日)19時00分~20時30分
  • 場所:JR博多シティ10階大会議室A・B(福岡市博多区博多駅中央街1-1)
  • 参加人数:50名(事前申込必要)
  • 主催:経済産業省九州経済産業局、国立大学法人九州大学
  • 運営協力:株式会社データフォーシーズ
  • 参加費用:無料

申込方法

申込受付は終了しました

九州大学大学院システム情報科学研究院ADS育成室サイトからお申し込みください。

締切:令和元年6月28日(金曜日)

※締め切り前でも、申込数が定員に達した場合などに、お断りのご連絡を差し上げることがありますので、予めご了承ください。

参考

データサイエンティストがどのような人材なのか認識する機会が乏しいため、令和元年6月3日付けで、8月に2日間のデータサイエンティスト講座についてお知らせしたところです(申し込みは受付終了)。当該講座では、受講生が、データサイエンティストの概要を把握し、実際に店舗の売上データを分析してプレゼンする講座で、今回リリースした「データサイエンスプロ短期集中コース」はデータサイエンティストに必要な高度な数学の知識を身につけることに重点を置いている点でその内容と対象が異なります。

本発表資料のお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 情報政策課長 平川
担当者:和泉、渕野
電話:092-482-5440 FAX:092-482-5538