九州経済産業局 > 報道発表

 > 経済動向・統計

「平成31年1-3月期 地域経済産業調査」をまとめました

2019年4月25日
九州経済産業局

各地方経済産業局(電力・ガス事業北陸支局、沖縄総合事務局経済産業部を含む)では、各地域の経済動向(生産、設備投資、雇用情勢、個人消費)を把握するために、四半期ごとに「地域経済産業調査」を実施しています。

この度、平成31年1-3月期調査を実施し、九州地域の結果をとりまとめましたので公表いたします。

調査期間

平成31年2月27日~平成31年3月29日

調査対象企業

九州管内77社・機関(製造業34、非製造業32、その他11)

動向

<全体の動向>

九州地域の経済は、横ばいとなっている(11期ぶりの下方修正)

<個別の動向>

  1. 生産横ばい傾向であるが、一部で弱含み(6期ぶりの下方修正)
  2. 設備投資増加している(7期連続)
  3. 雇用情勢改善している(18期連続)
  4. 個人消費横ばいとなっている(11期ぶりの下方修正)

基調判断の推移

九州と全国の基調判断の推移

資料

なお、資料1及び資料2については、経済産業省において本日プレス発表されます。

本発表資料のお問い合わせ先
九州経済産業局 総務企画部 調査課長 荒木
担当者:仲道
電話:092-482-5417 FAX:092-482-5389