「平成30年度VOC排出抑制セミナー」を開催します

~大気汚染防止と職場環境改善に向けて~

平成30年12月13日
九州経済産業局

九州経済産業局は、大気汚染の原因物質の一つとされているVOC(揮発性有機化合物)の排出抑制に向け、関係事業者等の取組を推進するため、VOCを取り扱う事業者の方を対象に平成31年1月29日(火曜日)福岡市で、2月7日(木曜日)鹿児島市でセミナーを開催します。

光化学オキシダント等による大気汚染を防止するため、経済産業省では法的規制と企業による自主的取組を組み合わせたVOCの排出抑制対策を行っています。VOCを適切に管理することは大気汚染防止だけでなく、職場環境の改善や職員の健康被害防止による人材確保、コスト削減等にもつながります。

本セミナーでは、こうしたVOC排出抑制の最新動向と対策に取り組むメリットについて、具体的事例も踏まえてご紹介します。是非ご参加下さい。

※VOCとは 揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略で、塗料、印刷インキ、接着剤、洗浄剤、ガソリン、シンナーなどに含まれるトルエン、キシレン、ホルムアルデヒドなどが代表的な物質であり、光化学オキシダントなどによる大気汚染や作業環境での健康被害(シックハウス症候群、化学物質過敏症)の原因の一つとされています。

開催概要

福岡会場

日時:平成31年1月29日(火曜日)13時30分~16時00分

場所:TKP博多駅筑紫口ビジネスセンター 701号(福岡市博多区博多駅中央街4-8 ユーコウビル7F)

定員:80名(先着順)

参加費:無料

主催:経済産業省九州経済産業局

後援(予定):福岡労働局、九州地方環境事務所、福岡県、福岡市、北九州市

鹿児島会場

日時:平成31年2月7日(木曜日)13時30分~16時00分

場所:天文館ビジョンホール 6F(鹿児島市東千石町13-3 VISION BILD)

定員:50名(先着順)

参加費:無料

主催:経済産業省九州経済産業局

後援(予定): 鹿児島労働局、九州地方環境事務所、鹿児島県、鹿児島市

プログラム(予定)

  • VOC排出削減対策の最新動向
    経済産業省 産業技術環境局 環境管理推進室
  • VOC排出抑制の取組事例(業界団体等)
    • 取組事例1(石油製品販売業)
      • 全国石油商業組合連合会 常務理事 坂井 信 氏
    • 取組事例2(印刷・同関連業)
      • あさひ高速印刷株式会社 代表取締役 岡 達也 氏<福岡会場>
      • 一般社団法人日本印刷産業連合会 GP推進部 部長 殖栗 正雄 氏<鹿児島会場>
  • 有機溶剤取扱い職場の健康障害防止対策
    中央労働災害防止協会 九州安全衛生サービスセンター 技術専門役 衛生管理士 吉田 哲 氏
  • 質疑応答

申込方法

セミナー案内チラシ(PDF:852KB)をご覧いただき、必要事項をFAXまたは電子メールにてお申込み下さい。

申込先及び申込に関するお問い合わせ先

株式会社コムディア 担当者:古海

送付先FAX番号:093-551-0579 電話:093-551-0506

送付先メールアドレス:info@comdia.co.jp

本発表資料のお問い合わせ先
九州経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課長 田中
担当者:今泉、高田
電話:092-482-5544  FAX:092-482-5554