九州経済産業局 > 報道発表

 > 政策紹介

特定商取引法違反の訪問購入業者に対する指示処分について

平成28年4月26日
九州経済産業局

九州経済産業局は、「エコルナ」、「エコバイアー」という屋号を用いて、訪問購入を行っていた株式会社T&Aコーポレーション(法人番号:6140001038235)(本社:広島市南区)に対し、本日、特定商取引法第58条の12の規定に基づき、違反行為の是正を指示しました。

認定した違反行為は、氏名等不明示、不招請勧誘、勧誘を受ける意思の確認義務違反、再勧誘、書面記載不備及び迷惑勧誘です。

処分の詳細は、別紙(PDF:25KB)のとおりです。

本件処分は、特定商取引法第69条第3項の規定に基づき、消費者庁長官の権限委任を受けた九州経済産業局長が実施したものです。

 

1.株式会社T&Aコーポレーション(以下「同社」という。)は、「エコルナ」、「エコバイアー」という屋号を用いて、「古着を買取ります。」「着なくなった服はありませんか。」などと消費者宅に電話をかけ、訪問の承諾を取り付けた上で、消費者宅を訪問し、消費者が予め査定を依頼した衣類や靴を見た後「貴金属はありませんか。」と尋ね、貴金属の買取りの勧誘を始めていました。

 

2.認定した違反行為は以下のとおりです。

(1)同社は、電話で、衣類や靴等の買取りのための訪問の承諾を取り付けた上で、消費者宅を訪問した際に、勧誘に先立ち貴金属の売買契約の締結についての勧誘をする目的であることを明らかにしないまま、「貴金属はありませんか。」「金とか宝石はありませんか。」などと、貴金属の買取りについての勧誘を行っていました。
また、勧誘に先立って貴金属の買取りに関する勧誘を受ける意思があることについて、確認を行わないまま、勧誘を行っていました。(氏名等不明示及び勧誘を受ける意思の確認義務違反)

(2) 同社は、消費者宅を訪問した後、貴金属の買取りについて勧誘し、消費者が「売るようなものはありません。」などと述べ、売買契約を締結しない旨の意思表示をしたのにもかかわらず、引き続き当該売買契約の締結について勧誘を行っていました。(不招請勧誘)

(3)同社は、消費者宅を訪問した後、貴金属の買取りについて勧誘し、消費者が「売るようなものはありません。」などと述べ、売買契約を締結しない旨の意思表示をしたのにもかかわらず、引き続き当該売買契約の締結について勧誘を行っていました。(再勧誘)

(4)同社は、消費者宅において、訪問購入に係る物品の売買契約を締結し、代金を支払い、かつ、物品の引渡しを受けた際、本契約の内容を明らかにする書面を売買契約の相手方に交付していますが、当該書面は、法令で定められている以下の事項について、不備があるものでした。(書面記載不備)

ア 物品の購入価格について、複数の異なる物品を購入する場合、契約においては、物品それぞれの購入価格を記載すべきところ、まとめた購入価格しか記載しておらず、記載すべき購入価格が記載されていませんでした。

イ 購入業者の名称について、売買契約時の名称が記載されていませんでした。

ウ 物品名が記載されていませんでした。

エ 物品の特徴が記載されていませんでした。

(5)同社は、消費者宅を訪問し、貴金属やブランド品の買取りについての勧誘を始め、繰り返し売買契約を締結しない旨の意思表示をしている消費者に対し、「使っていない指輪とか、壊れたネックレス、ブローチとかないですか。」「いいバッグはありませんか。」「使っていないブランドのバッグとか。」「ありませんか。」「まがい物でもいいです。」などと何度も同じようなことを繰り返し、帰ろうとせず執拗に何度も勧誘するなどして、消費者に迷惑を覚えさせるような仕方で勧誘を行っていました。(迷惑勧誘)

資料

本発表資料のご相談窓口
本件に関するご相談につきましては、消費者庁から権限委任を受けて消費者庁とともに特定商取引法を担当している経済産業局の消費者相談室で承ります。
お近く の経済産業局までご相談ください。
北海道経済産業局消費者相談室/TEL:011−709−1785
東北経済産業局消費者相談室/TEL:022−261−3011
関東経済産業局消費者相談室/TEL:048−601−1239
中部経済産業局消費者相談室/TEL:052−951−2836
近畿経済産業局消費者相談室/TEL:06−6966−6028
中国経済産業局消費者相談室/TEL:082−224−5673
四国経済産業局消費者相談室/TEL:087−811−8527
九州経済産業局消費者相談室/TEL:092−482−5458
沖縄総合事務局経済産業部消費者相談室/TEL:098−862−4373