九州経済産業局 > 定例会見での企業紹介 > 株式会社タケシタ

株式会社タケシタ 企業概要

2019年12月12日

1999年(平成11年)創業(福岡県三潴郡(みずまぐん)大木町)。産業用生産設備向け精密製缶溶接及び精密機械加工メーカー。

半導体・FPD関連装置向け大型アルミ真空チャンバーの精密機械加工や産業用生産設備向け装置架台・フレームの製缶溶接から機械加工、焼付塗装、装置組立といった通常はそれぞれの専門業者が分担しておこなう作業工程を社内ワンストップで対応できる技術力が強みで、大型加工に特化した事業展開をおこなっている。

サッカー場3面分(約2万平方メートル)の広々とした敷地と天井高さ12メートルのゆとりある工場には、大型工作機械のほか、塗装ブース、焼付乾燥炉、大型クレーンを完備しており、その設備力は九州でもトップクラス。現在では、大型製缶一貫生産や大型精密機械加工といった同社の強みが広く知られるようになり、半導体・FPD関連、自動車関連、エネルギー関連、FA関連などあらゆる産業の生産設備メーカーに向けて受託加工サービスを提供している。

近年では工場のIoT化を推進し、すべての工作機械の稼働状況を見える化して生産性向上に取り組んでいる。また、溶接技術者やNCオペレーターといった“職人の技能”が要求される部分についても、技能検定などの資格取得を徹底するなどの人材育成にも力を入れている。

令和元年度地域経済牽引事業支援事業によって、業界最大クラスの大型5面加工機を導入して大型加工技術のさらなる向上に取り組んでいる。

経済産業省が進める、九州地域における半導体・エレクトロニクス関連産業の振興を目的として設立されたSIIQ(九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会)会員。

九州経済産業局が、IoT技術の導入及び利活用の促進を目的として、九州地域産業活性化センターと共同で設立した、九州IoTコミュニティ会員。

2018年(平成30年)12月 「地域未来牽引企業」選定。

写真1

工場全景

写真提供:株式会社タケシタ

写真2
作業風景

写真提供:株式会社タケシタ

写真3
工場内観

写真提供:株式会社タケシタ

写真4
企業紹介コーナーの様子

本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 総務企画部 広報・情報システム室
電話:092-482-5408 FAX:092-482-5952