九州経済産業局 > 定例会見での企業紹介 > 株式会社TCK 

株式会社TCK 企業概要

2019年10月10日

2005年(平成17年)創業(熊本県熊本市)以来、半導体産業向けに精密ステージや真空制御技術、電子線制御、画像処理技術などを基本技術に、ユニークな数々の半導体関連装置を開発・販売。

真空機器や電子顕微鏡などの研究開発支援機器が主力。電子顕微鏡では、要素技術の「小型化技術」や「真空ポンプ」が強み。製品開発については9割が内製により、そのほとんどを社内にて組み立て調整を行える強みがある。

2014年には、半導体分野で、世界最小クラスの高分解能電子顕微鏡「ミニマルCD-SEM」を開発、多方面から多くの反響を得る。

先端医療の分野では、レーザー顕微鏡と電子顕微鏡の画像処理技術を組み合わせた「FL-SEM」、レーザー照射技術とSEM(走査型電子顕微鏡)を組み合せ、3次元構造解析を行う「CT-SEM」を開発。

経営者の強力なリーダーシップのもと、「未来を創る」を会社理念に、近年では半導体分野で培った精密技術を応用し、先端医療や材料分野などに向けた新しい装置開発を進めるなど、新規分野への展開や産学連携等に積極的に取り組んでいる。

2017年 「はばたく中小企業・小規模事業者」選定、「地域未来牽引企業」選定

2018年 新連携事業計画認定、支援事業活用

写真1

本社全景

写真提供:(株)TCK

写真2
CT-SEM

写真提供:(株)TCK

写真3
工場風景

写真提供:(株)TCK

写真4
企業紹介コーナーの様子

本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 総務企画部 広報・情報システム室
電話:092-482-5408 FAX:092-482-5952