九州経済産業局 > イベント情報

 > 政策紹介

~IoTを活用したスマートファクトリーのグランドデザインと実践〜
『スマートファクトリーワークショップ』を開催します

2019年12月5日
九州経済産業局

近年、製造業界において、デジタル技術の活用等による「スマートファクトリー化」が大手企業を中心に進んでおり、製造工程の効率化や高品質化が図られています。

一方、中小企業においてはデータ活用による製造工程の見える化や現場カイゼンの取組が広がりつつあるものの、生産の最適化等、スマートファクトリー化の取組は限定的となっています。

こうした実情を踏まえ、今回、スマートファクトリーの実現に向けて、中小企業の具体的な取組を促進するために本ワークショップを開催します。

第1部ではIoT、AIの専門家によるスマートファクトリーのグランドデザインの立案をテーマとした講演を行います。さらに、企業のIoT活用事例を紹介するとともに、具体的な導入に向けてIoTシステムの全体の構成を分かりやすく解説します。

第2部では、カードサイズのコンピューター「Raspberry Pi」を活用した実習を行います。なお、実習で利用したツールは持ち帰り可能で、自社の製造現場等で活用できます。

スマートファクトリー化に具体的に取り組みたい皆様の参加をお待ちしております。

日時

  • <第1部> 令和2年1月24日(金曜日)13時30分~17時00分(受付開始 13時00分~)
  • <第2部> 令和2年1月30日(木曜日)10時00分~17時00分(受付開始 9時30分~)

会場

<第1部>リファレンス博多駅東ビル 2階 会議室 Y-1(福岡市博多区博多駅東1-16-14)

<第2部>福岡システム開発技術カレッジ 2階 A講義室(福岡市早良区百道浜3-8-33)

定員

<第1部> 50名

<第2部> 15名

※先着順。一部、二部単独参加も可。

主催

九州経済産業局、九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会(SIIQ)

参加費

無料
※ただし、第2部の実習機材(約1万円)は自己負担。(決定次第参加者には御連絡させて頂きます。)

プログラム

第一部(1月24日)

13時30分~13時35分 開会挨拶 九州経済産業局

<基調講演>

13時35分~14時25分 スマートファクトリーのグランドデザイン
株式会社日本能率協会コンサルティング  執行役員 松本 賢治 氏

<事例紹介>

14時25分~15時05分 (1) 1時間で始めるSmart Factory
旭鉄工株式会社(i Smart Technologies) チーフコンサルタント 増田 春輝 氏

15時05分~15時15分 休憩

15時15分~15時55分 (2) ものづくりIoT導入・運用による生産性向上
株式会社戸畑ターレット工作所 生産技術グループ グループ長 中野 貴敏 氏

<IoTシステムの構成(概論)>

15時55分~16時45分 手作りIoTの始め方
公益財団法人北九州産業学術推進機構 契約IoTエキスパート 藤山 道男 氏

16時45分~17時00分 名刺交換・閉会

第二部(1月30日)

10時00分~10時05分 開会挨拶 九州経済産業局

<IoT活用実習>

10時05分~17時00分 Raspberry Pi とNode-REDで始めるIoT
公益財団法人北九州産業学術推進機構 契約IoTエキスパート 藤山 道男 氏

17時00分閉会

申込方法

令和2年1月17日(金曜日)までに、以下の申込みページに必要事項をご記入の上お申込みください。

申込みに関するお問い合せ先

九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会(SIIQ)外部リンク(担当:山口)

  • 電話:092-473-6649
本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 情報政策課
担当者:井手、栢田
電話:092-482-5441 FAX:092-482-5538