九州経済産業局 > イベント情報

 > 政策紹介

「第19回九州低炭素システム研究会」を開催します

2019年9月13日
九州経済産業局

九州経済産業局と九州大学及び日本エネルギー学会西部支部では、九州最大の環境・エネルギー専門見本市「エコテクノ2019」において、第19回目となる九州低炭素システム研究会を開催します。

近年、発電効率を飛躍的に向上させるIGFC(石炭ガス化燃料電池複合発電)等の次世代の高効率火力発電やCO2の分離回収・貯留(CCS)・有効利用技術(CCUS)、CO2を資源として捉え多様な炭素化合物として再利用するカーボンリサイクルなどの技術開発の取組みが推進されています。

今回のセミナーでは、カーボンリサイクルの現状や今後の取り組み、CO2分離貯蔵実証事業、CO2を利用したバイオジェット燃料開発等についての最新情報を紹介します。

石炭の高度利用や低炭素社会の実現に関心のある方など、多数の皆様のご参加をお待ちしております。

日時

令和元年10月9日(水曜日)

  1. セミナー:13時50分~17時10分
  2. 意見交換会:17時30分~19時00分

会場

  1. セミナー:西日本総合展示場 新館 1階セミナー会場B(福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1)
  2. 意見交換会:グリルテーブルくわとろ(福岡県北九州市小倉北区浅野2-13-22 ユタカホテル1階)

定員

100名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)

参加費

セミナーは無料、意見交換会は3,000円/人

主催

経済産業省九州経済産業局、国立大学法人九州大学、一般社団法人日本エネルギー学会西部支部

プログラム

13時50分~13時55分 【共同主催者代表挨拶】九州経済産業局 資源エネルギー環境部長 柳生 勇

13時55分~14時00分 【座長挨拶】九州大学 教授 斉間 等

14時00分~14時40分 【講演1】「カーボンリサイクルについて」
資源エネルギー庁 カーボンリサイクル室 竹廣 克 氏

14時40分~15時20分 【講演2】「二酸化炭素地中貯留(CCS)プロジェクトの概要と進捗状況」
日本CCS調査株式会社 貯留技術部長 棚瀬 大爾 氏

15時40分~16時20分 【講演3】「Drop-inバイオ燃料の商業化に向けて」
株式会社ユーグレナ 技術顧問 太田 晴久 氏

16時20分~17時00分 【講演4】「石炭ガス化プロセスにおける微量成分の分配挙動」
名古屋大学 大学院工学研究科 准教授 義家 亮 氏

17時00分~17時10分 【総括】九州大学教授 斉間 等

17時30分~19時00分 【意見交換会】

申込方法

令和元年10月4日(金曜日)までエコテクノ2019ホームページ外部リンクから申し込みください。

本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 資源エネルギー環境部 鉱害課
担当者:諸隈(もろくま)、永田
電話:092-482-5500 FAX:092-482-5397