九州経済産業局 > イベント情報

 > 政策紹介

VR・AR活用全国セミナー(九州・福岡会場)を開催します

平成31年1月4日
九州経済産業局

定員に達したため、申込受付は終了しました(1月11日)

経済産業省、特定非営利活動法人映像産業振興機構は、VR・ARコンテンツの活用や産業間での新規事業マッチングを促進することを目的として、「VR・AR活用全国セミナー」を開催します。

様々な場面で利用が拡大するVR・ARは、コンテンツ産業のみならず、観光産業や地域活性化といった分野から他産業での活用の可能性が広がっています。

本セミナーでは、VR・ARに関わる市場動向や最新の活用事例の紹介、VR・AR等の体験会を行い、コンテンツ制作企業だけでなく、できるだけ多くの産業の方々に向けて、VR・AR等の先進技術を通じた事業課題を解決するきっかけをご提案します。

九州地域では、平成31年1月31日(木曜日)午後に福岡市内で開催します。VR・AR技術を身近に体験いただける絶好の機会ですので、ご関心のある皆様はぜひご参加ください。

日時

平成31年1月31日(木曜日)13時30分~17時00分

場所

福岡合同庁舎本館(福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目11-1

セミナー:6階 2・3会議室 体験会:1階 大会議室

定員

50名

参加費

無料

主催

経済産業省、特定非営利活動法人映像産業振興機構

セミナープログラム

  1. 共催代表挨拶 九州経済産業局 産業部 サービス産業室
  2. 先進コンテンツを活用した多産業展開について
    説明者:特定非営利活動法人映像産業振興機構 榊原 晋氏
    1. (1)「文化財多言語解説整備事業」(文化庁)
    2. (2)「最先端観光コンテンツインキュベーター事業」(観光庁)
    3. (3)「平成31年度概算要求」各省庁分析について
    4. (4)東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター紹介
  3. VR・AR等コンテンツ制作ガイドラインの紹介
    説明者:MoguraVR 代表 久保田 瞬氏
    1. (1)「VR等のコンテンツ制作技術活用ガイドライン2018」、「How to make VR content」
    2. (2)「文化財の観光活用に向けたVR等の制作・運用ガイドライン」
    3. (3)海外先進コンテンツの事業動向について
  4. 地域における先進コンテンツ技術活用事例紹介
    1. (1)VR映像を使ったデジタル・アーカイブ及び観光誘致コンテンツの作り方
        株式会社ハコスコ 代表取締役社長 藤井 直敬氏
    2. (2)VRを活用する文化財の観光資源化と取り組み紹介
        凸版印刷株式会社 西日本事業本部 西日本TIC本部 企画二部 課長 安東 義史氏
  5. 「先進コンテンツ技術による地域活性化促進事業」事業紹介
     説明者:特定非営利活動法人映像産業振興機構 榊原 晋氏
    1. (1) 株式会社NHKエンタープライズ(超広角レンズを使用した歌舞伎)
    2. (2) 株式会社IMAGICA Lab.(地球がむき出しの島 三宅島)
    3. (3) 株式会社五藤光学研究所(360度全球ドローンによる石川県)
    4. (4) その他の先進事例(参考にしていただける技術の一例)等の紹介
  6. 質疑応答
  7. VR・AR等の先進事例の紹介と体験会(3システムで実施予定)/会場は1階大会議室
    1. (1) 観光・文化財×VR
    2. (2) 歴史再現・文化財×VR
    3. (3) 建築・製造業×VR/MR 等
    4. (4) 会議×VR、トレーニング×VR

参加申込方法

申込受付は終了しました。

セミナー詳細は特定非営利活動法人映像産業振興機構のホームページをご覧ください。

本件に関する問い合わせ先
九州経済産業局 産業部 サービス産業室
担当者:仲道
電話:092-482-5511 FAX:092-482-5959