九州経済産業局 > イベント情報

 > 政策紹介

「平成29年度ものづくり基盤技術の振興施策」(ものづくり白書)をとりまとめました

平成30年6月26日
九州経済産業局

「平成29年度ものづくり基盤技術の振興施策」(※通称ものづくり白書)は、ものづくり基盤技術振興基本法(平成11年法律第2号)第8条に基づく、政府がものづくり基盤技術の振興に関して講じた施策に関する報告書です。
 本報告書は経済産業省、厚生労働省、文部科学省の3省合同で、ものづくり基盤技術振興基本法に基づき毎年度国会に報告しているものです。なお、同白書の九州での説明会は、6月28日(木曜日)、福岡市内で開催されます。

今回の「ものづくり白書」のポイント

まず、製造業を取り巻く大規模な環境変化の中で、経営者が共通認識として持つべき4つの危機感を「総論」として明確に位置づけています。

  1. 人材の量的不足に加え質的な抜本変化に対応できていないおそれ
  2. 従来「強み」と考えてきたものが、変革の足かせになるおそれ
  3. 経済社会のデジタル化等の大変革期を経営者が認識できていないおそれ
  4. 非連続的な変革が必要であることを認識できていないおそれ

 

その上で、我が国製造業の主要課題に対する対応の方向性として以下について論じています。

  • 対応策(1)現場力の維持・強化、デジタル人材等の人材育成対策
  • 対応策(2)新たな環境変化に対応した付加価値向上

 

経済産業省が執筆した第1部第1章では、「我が国製造業が直面する課題と展望」と題して、人手不足下での生産性向上に向け、現場力再構築や品質保証体制強化のための経営力の重要性や、価値創出に向けたConnected Industriesの推進の重要性等について論じています。

 

今回の「ものづくり白書」の詳細は、経済産業省のホームページをご覧ください。

ものづくり白書説明会について

アイティメディア株式会社主催「MONOist IoT Forum」の中で、以下の日時に開催します。 

  • 日時:2018年6月28日(木曜日)13時30分~14時20分
  • 場所:TKPガーデンシティ博多駅新幹線口 4階 4-A(福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-14)
  • 説明会の詳細は、「MONOist IoT Forum」ホームページをご覧下さい。
本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 製造産業課
担当者:仁田、相馬、中山
電話:092-482-5442 FAX:092-482-5538