九州経済産業局 > 補助金・公募

 > 政策紹介

「ロボット導入促進のためのシステムインテグレータ育成事業」の採択案件を決定し、
同時に追加公募を開始します

平成29年5月16日
九州経済産業局

経済産業省及び日本ロボット工業会は、「ロボット導入促進のためのシステムインテグレータ育成事業」について、344件の応募の中から37件の提案を採択しました。また、本事業の追加公募を5月11日より開始しています。

1.「ロボット導入促進のためのシステムインテグレータ育成事業」の概要

ロボットの活用は、企業における人手不足への対応に加えて、作業員の過酷環境や危険作業からの解放等、さまざまな可能性を持っています。

しかし、中小企業等では自社のみでロボットの導入検討を行うことが難しい場合も多く、最適なロボットシステムの構想から設計、導入までを担う「ロボットシステムインテグレータ(ロボットSIer)」と呼ばれる企業の存在は、今後ロボットの導入促進に向けてますます重要になってきます。

本事業は、以下の3つの類型に合致する提案への支援を通じて、ロボットSIerを創出及び育成し、中小企業等における労働環境の改善や生産性の向上を実現していく事業です。

A.ロボットSI事業参入・拡大型

ロボットを使用した機械システムの導入提案や設計、構築等を行う「ロボットシステムインテグレーション(ロボットSI)」事業の実施に必要な知識、技能及び提案能力の習得や高度化により、ロボットSIを新たに事業の一つとして展開していく計画や、既存のロボットSI事業の拡大を目指す計画等を対象とします。

B.ロボットセンター開設型

多彩なロボットを取りそろえロボットシステムの展示や実演等を通じた導入提案を行うほか、ロボットの操作教育や安全教育、ロボットに関する普及・啓発等の講習を実施していく計画を対象とします。

C.ロボットシステムのモデル構築型

多くの中小企業等の現場に共通する課題を解決するためのロボットシステムのモデルを構築し、多様な現場にその導入を提案し展開していくツールとすることで、提案型のロボットSIを実現する計画を対象とします。

2.採択決定の概要

平成29年2月24日から3月31日までの公募期間中に応募のあった344件の提案について、外部の有識者で構成される審査委員会で審査を行った結果、A類型17件、B類型12件、C類型8件、計37件の採択を決定しました。

採択案件の一覧については別紙(PDF:157KB)をご確認ください。

3.追加公募について

5月11日より以下のとおり追加公募を実施しています。追加公募に関する詳細は日本ロボット工業会のホームページをご確認ください。

公募期間

公募開始:平成29年5月11日(木曜日)

公募締切:平成29年6月30日(金曜日)

公募要領・応募書類ほか公募に関する詳細情報

日本ロボット工業会ホームページ

業務管理事業者

一般社団法人日本ロボット工業会 (担当:高本、須田、高橋、中川)

電話:03-3434-2919 FAX:03-3578-1404

本件についての問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 製造産業課
担当者:日野、永野
電話:092−482−5442