九州経済産業局 > 政策紹介 > 知的財産・特許 > 知財動画チャンネル

知財動画ちゃんねる

最終更新日:2017年4月18日

知的財産権の活用事例、制度について動画でわかりやすくご紹介します。

魅力ある地域ブランドの理由(わけ)に迫る!
地域団体商標活用事例 九州イイモノがたり

「地域団体商標(※)」は、地域ブランドを適切に保護することにより、信用力の維持による競争力の強化と地域経済の活性化を支援することを目的としており、平成29年3月末現在、九州地域において77件が登録されています。

九州経済産業局では、地域団体商標制度のさらなる普及、及び効果的な活用を促進するため、地域団体商標を上手く活用されている事例を、その地域ブランドの魅力とともに紹介する動画を「九州イイモノがたり」として作成しました。

本動画が、これから地域団体商標の取得を目指す団体や、今後さらなる活用を検討している地域団体商標取得済みの団体等の参考となり、効果的な活用が図られることが期待されます。

本動画は、英語字幕版も制作しており、地域ブランドの海外展開の後押しや、外国人観光客等へのPR強化も図ることとしています。

作成動画

Vol.1「枕崎鰹節」(登録第5332076号 権利者:枕崎水産加工業協同組合 )

地域団体商標の取得がひとつのきっかけとなり、「枕崎鰹節」を地域みんなの宝にしていくという意識を共有。

九州イイモノがたり vol.01「枕崎鰹節」
日本語版
The story of Kyushu's proud products vol.01 'Makurazaki katsuobushi'
英語字幕版

Vol.2「みやざき地頭鶏」(登録第5315957 権利者:みやざき地頭鶏事業協同組合 )

地域団体商標を取得したことで、生産者のブランドに対する意識が向上した結果、品質向上にも寄与。

九州イイモノがたり vol.02「みやざき地頭鶏」
日本語版
The story of Kyushu's proud products 'Miyazaki Jitokko'
英語字幕版

Vol.3「中津からあげ」(登録第5817143号 権利者:中津商工会議所)

全国初の商工会議所による地域団体商標の取得。権利取得に向けて、いろいろな事業者が協力することにより地域の協力体制を構築。 「中津からあげ」ダイジェスト版(3分02秒)

九州イイモノがたり vol.03「中津からあげ」
日本語版
The story of Kyushu's proud products 'Nakatsu Karaage'
英語字幕版

Vol.4「杖立温泉 菊地温泉 黒川温泉」

「温泉」という地域資源の魅力発信へ地域団体商標を活用。組合員の意識向上に加えて地域全体の活性化にも貢献。 「杖立温泉 菊池温泉 黒川温泉」ダイジェスト版(3分41秒)

九州イイモノがたり vol.04「杖立温泉 菊地温泉 黒川温泉」
日本語版
The story of Kyushu's proud products 'Tuetate Onsen Kikuchi Onsen Kurokawa Onsen'
英語字幕版

くまモンと行く「熊本地域ブランド紀行」

地域団体商標制度のさらなる普及、及び熊本地震の復興支援を目的に、熊本県の主な地域団体商標(10事例)を取材し、その魅力を紹介する動画を制作するとともに、総集編として『くまモンと行く「熊本地域ブランド紀行」−熊本県の地域団体商標大作戦−』(6分55秒)を制作しました。

くまモンと行く「熊本地域ブランド紀行」−熊本県の地域団体商標大作戦-

熊本県の主な地域団体商標紹介動画

球磨焼酎
球磨焼酎/登録第5016452号

権利者:球磨焼酎酒造組合
阿蘇たかな漬
阿蘇たかな漬/登録第5022470号

権利者:阿蘇たかな漬協同組合
熊本名産からし蓮根
熊本名産からし蓮根/登録第5030806号

権利者:熊本県辛子蓮根協同組合
黒川温泉
黒川温泉/登録第5099504号

権利者:黒川温泉観光旅館協同組合
小国杉
小国杉/登録第5120442号

権利者:小国町森林組合、阿蘇森林組合
菊池温泉
菊池温泉/登録第5453887号

権利者:菊池温泉観光旅館協同組合
杖立温泉
杖立温泉/登録第5491913号

権利者:杖立温泉観光旅館協同組合
くまもと茶
くまもと茶/登録第5697711号

権利者:熊本県経済農業協同組合連合会
    熊本県茶商業協同組合
天草ぶり
天草ぶり/登録第5763727号

権利者:熊本県海水養殖漁業協同組合
荒尾梨
荒尾梨/登録第5814034号

権利者:玉名農業協同組合

※地域団体商標制度について

地域ブランドを適切に保護することにより、信用力の維持による競争力の強化と地域経済の活性化を支援することを目的に、地域の事業協同組合や商工会、商工会議所、NPO法人等が使用する「地名+商品(サービス)名」からなる商標について、一定の要件を満たした場合に登録を認める制度です。

なお、地域団体商標制度は平成18年4月1日にスタートし、平成28年度に10周年を迎えました。

※地域団体商標制度の概要、及び全国で登録された地域団体商標の詳細について(http://www.jpo.go.jp/torikumi/t_torikumi/t_dantai_syouhyou.htm

知的財産権活用企業紹介動画

我が国にとって不可欠なイノベーションの創出や地域経済の活性化において、中核的な役割を担い、日本経済の根幹を支えているのは、中小企業・小規模事業者です。多くの中小企業・小規模事業者が創意工夫を重ね、新技術を生み出し、知的財産として武器にすることで、市場を獲得・拡大し、更には世界を舞台に活躍しています。

特許庁は、こうした知的財産を積極的に活用する中小企業・小規模事業者の取組として、78事例を紹介した「知的財産権活用企業事例集2016」を刊行しました。

今回、九州経済産業局では、事例集に掲載されている九州の事例のうち、3事例を対象に、技術にかける思いや知的財産権の活用状況などについて直接語っていただく動画を作成しました。本動画が、これから知的財産権の取得を目指す企業や、今後知的財産の更なる活用を検討している企業の参考になればと思います。

九州の”キラリ”輝く企業

東洋ステンレス研磨工業株式会社(福岡県)

〜独自の複合研磨技術でオリジナル製品を提供する「金属化粧師」集団〜

知的財産権活用企業紹介動画:東洋ステンレス研磨工業株式会社https://youtu.be/2FSZN0CwbYI

株式会社トライテック(大分県)

〜製鉄業界のニーズに応えた製品開発と特許取得で信頼を提供している企業〜

知的財産権活用企業紹介動画:株式会社トライテックhttps://youtu.be/65IvfgVyKSo

有限会社坂本石灰工業所(熊本県)

〜地域産学連携と支援策の有効活用による新たな製品開発と社内体制を強化した企業〜

知的財産権活用企業紹介動画:有限会社坂本石灰工業所https://youtu.be/1DKQZP0C7p8

※知的財産権活用企業事例集について

知的財産権制度について

よくわかる!産業財産権制度と特許庁の役割
産業財産権と特許庁の役割
意匠権ものづくりの強い味方
意匠権 知れば知るほどおもしろい
商標チャンネル
商標チャンネル「なるほど!なっとく!商標の基礎知識」
 

▲このページの先頭へ