九州経済産業局 > 政策紹介 > 地方創生 > 

九州自治体地方創生プラットホーム キック・オフ・ミーティングを開催しました

平成29年3月17日
九州経済産業局

地方創生事業に取り組む方々のネットワークづくりの場として開設した「九州自治体地方創生プラットホーム」のキック・オフ・ミーティングを2月17日(金)福岡市で開催しました。

当日は、126名の方にご参加頂きました。

日時

平成29年2月17日(金)13:00〜17:40

場所

リファレンス駅東ビル5階V1会議室(福岡市博多区博多駅東1-16-14)

主催

九州自治体地方創生プラットホーム(事務局:九州経済産業局)

参加人数

126名

参加費

無料(交流会 2,000円)

プログラム内容

13:00 開会挨拶
13:00〜13:40 基調講演1
「地方創生をめぐる主な動きについて」
内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 参事官 渡辺公徳氏
13:40〜14:10 基調講演2
「誰も知らない日本の未来」
東シナ海の小さな島ブランド株式会社 代表取締役 山下賢太氏
14:10〜16:20 第1部 地方創生事業リレープレゼンテーション
  1. 地域総合商社の取り組み
    うきは市 参事 重松 邦英氏
  2. 有田まちづくり公社の取り組み
    (株)有田まちづくり公社 社長 高田 亨二氏資料(PDF:2.38MB)
  3. 健康をテーマとした産業振興「健康都市こうし」構想
    合志市 政策調整官 三小田 昌弘氏資料(PDF:1.61MB)
  4. 地方創生の体制づくり
    宇城市 企画部 千葉ア 達氏資料(PDF:1.13MB)
  5. 地域間連携とブランド化
    延岡市 企画課主幹 河野 修氏資料(PDF:1.58MB)
  6. 地方都市・離島の挑戦
    長島町 地域おこし協力隊 明石 照久氏資料(PDF:565KB)
  7. 2020年 東京五輪を九州の魅力発信の機会に
    九州経済産業局 企画係長 柿川 恵介氏
  8. RESASの活用
    うきは市 副市長 吉岡 慎一氏資料(PDF:1.59MB)
16:40〜17:40 第2部 フリートーキング
18:00〜19:30 交流会(場所:リファレンス駅東ビル5階V2会議室)

開催報告(PDF:289KB)

当日の会場の様子

写真:会場風景1写真:会場風景2

写真:会場風景3

本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 地域経済課(九州自治体地方創生プラットホーム事務局)
担当:大和
電話:092−482−5574