九州経済産業局 >> 政策紹介 >> 産学官連携 >>

お知らせ

公設試験研究機関の『試験研究・検査設備』を製品開発や研究利用等に利活用ください
平成24年度補正予算事業 地域新産業創出基盤強化事業における整備設備

平成26年9月3日
九州経済産業局

 平成24年度補正予算事業 地域新産業創出基盤強化事業では、公設試験研究機関に『試験研究・検査設備』を整備し、企業等の皆様に製品開発や研究利用等のためにお使い頂き、成長産業の育成や新産業の創出を図ることを目的に、次の九州管内4つの公設試験研究機関に『試験研究・検査設備』を整備いたしました。

 設備には、さまざまな分野での利用が広がっている「3次元造形機(3Dプリンタ)」のほか、測定・評価を行う装置等があり、製品開発や研究利用など幅広いニーズに対応できますので、是非利活用ください。

 なお利用料金は、電気代・材料代等の実費相当のみの負担となっています。また公設試験研究機関の職員が利用に当たってご相談に対じておりますので、お気軽にお尋ねください。

■試験研究・検査設備の概要

【整備場所】:福岡県工業技術センター機械電子研究所

(福岡県北九州市八幡西区則松3-6-1、TEL:093-691-0260)

■超高精度3次元造形機(3Dプリンタ)
【用途】:部品の開発・試作など
【利用料金/h】最初の1時間:20円(本体10円、恒温器10円、洗浄機0円)
※別途樹脂材料が必要

■熱膨張係数測定装置
【用途】:金型材料や樹脂材料の熱による膨張収縮を高い精度で測定
【利用料金/h】:40円
※50℃以下の温度範囲での測定は別途液体窒素代が必要

■GHz帯EMIテストレシーバー
【用途】:電子機器の電磁ノイズ評価や無線通信機器の特性評価などの国際規格対応、安全性の確認等の評価試験
【利用料金/h】:10円(4〜7時間)

【整備場所】:大分県産業科学技術センター

(大分市高江西1-4361-10、TEL:097-596-7100)

■B-Hアナライザ
【用途】:電磁鋼板、モータ鉄心、フェライト磁石の磁気特性を評価
【利用料金/h】:無料

■ミックスドドメインオシロスコープ
【用途】:電子回路のアナログ、デジタル及びRF信号を同時観測
【利用料金/h】:無料

【整備場所】:熊本県産業技術センター

(熊本市東区東町3-11-38、TEL:096-368-2117)

■トランス脂肪酸分析装置
【用途】:加工食品等のトランス脂肪酸の国際規格への対応、評価試験
【利用料金/h】:本体760円、前処理650円

■マイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置
【用途】:農産原料、加工食品等のミネラル類の機能性研究利用、安全性の確認等の評価試験
【利用料金/h】:本体860円、前処理650円

■真空凍結乾燥器
【用途】:農産物、加工食品等の中間プラントスケールでの凍結乾燥
【利用料金/h】:860円

【整備場所】:宮崎県食品開発センター

(宮崎市佐土原町東上那珂16500-2、TEL:0985-74-2060)

■多感覚分析トータルシステム
【用途】:農産物等の食品原料、加工食品の味、香りを同時に分析
【利用料金/h】:におい識別センサー110円、電子味覚センサー90円、ビジュアルアナライザ40円

企業の皆様へ 新産業の創出を応援します設備概要及び利用料金表(PDF:68KB)

■参考情報

「九州オープンイノベーション創出戦略会議」のホームページでは、大学、高等専門学校、各県の公設試験研究機関等で一般に開放されている機器のデータベース検索が、どなたでも無料で利用することができます。是非利活用ください。

九州イノベーション創出戦略会議ホームページ(データベース検索)

本件に関する問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 技術企画課
TEL:092−482−5510
(注)設備の利用に関するご相談は、設備が整備されている公設試験研究機関にお願いします。