九州経済産業局 > 政策紹介 > リサイクル > 

9月はオゾン層保護対策推進月間です

平成29年9月1日
九州経済産業局

オゾンは、地表から約10~50km上空の成層圏に多く存在しており、このオゾンが多く集まる層のことをオゾン層と呼びます。

オゾン層は、太陽光に含まれる有害な紫外線の大部分を吸収し、地球上の生物を守っています。しかし、フロンなどのオゾン層破壊物質によってオゾン層の破壊が進んでいます。

我が国では、国際的に協調してオゾン層保護対策を推進するため、1985年の「オゾン層保護のためのウィーン条約」、1987年の「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」に加入し、1988年、世界に先駆けて「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律」(オゾン層保護法)を制定しました。この法律に基づき、オゾン層破壊物質の生産規制や排出抑制に取り組んでいます。

また、モントリオール議定書が採択された9月を「オゾン層保護対策推進月間」として定め、毎年、オゾン層保護やフロン等対策に関する様々な普及啓発事業を行っています。

フロン類の大気中への放出を防ぐため、「フロン排出抑制法」、「家電リサイクル法」及び「自動車リサイクル法」に基づき、製品を廃棄するときのフロン類の回収・適正処理を義務づけています。

オゾン層保護対策推進月間ポスター

  • 業務用の空調機器・冷凍機器を廃棄する時と整備する時は、登録を受けた充塡回収業者にフロン類の回収を依頼しましょう。
     「フロン排出抑制法」
  • 家庭用の冷蔵・冷凍庫やエアコン、洗濯乾燥機(ヒートポンプ式)を廃棄する時は、家電小売店等に回収を依頼しましょう。
     「家電リサイクル法」
  • 自動車を廃棄する時は、登録を受けた引取業者に引き渡しましょう。
     「自動車リサイクル法」

パネル展

※当局では、オゾン層保護の重要性とフロン回収の必要性について理解と協力を求めるため、パネル展を開催いたします。

日時:9月1日(金曜日)~9月29日(金曜日)

場所:福岡合同庁舎本館一階ロビー

本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
担当者:久保
電話:092−482−5471