九州経済産業局 > 政策紹介 > 産業競争力 > 

企業実証特例制度・グレーゾーン解消制度について

平成29年7月20日
九州経済産業局

企業実証特例制度・グレーゾーン解消制度は、企業の個々の事業内容に即して規制改革を進めていくことを狙いとして創設された制度です。

制度概要

企業実証特例制度

新事業活動を行おうとする事業者による規制の特例措置の提案を受けて、安全性等の確保を講ずることを条件として、「企業単位」で規制の特例措置を認める制度です。

グレーゾーン解消制度

事業者が、現行の規制の適用範囲が不明確な場合においても、安心して新事業活動を行い得るよう、具体的な事業計画に即して、あらかじめ、規制の適用の有無を確認できる制度です。

利用の手引き

制度の利用にあたり、手続きを円滑に進めて頂けるよう「利用の手引き」を作成しています。

参考

制度の詳細や活用実績(申請案件の事業名及び事業者名、概要等)については、以下の経済産業省のウェブサイトをご参照下さい。

本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 地域経済課
電話:092−482−5430 FAX:092−482−5390