九州経済産業局 > 政策紹介 > 国際化 > 経済交流

経済交流

最終更新日:2018年10月12日

環黄海地域

EU、NAFTA等に代表される地域連携・統合の動きが世界的な潮流となる中で、九州・中国・韓国の3カ国・地域を含む環黄海地域は、経済、技術の各分野で経済交流が展開しつつあり、経済圏形成のポテンシャルの高い地域です。
そのため、九州・中国・韓国の経済交流の一層の緊密化を図るため、環黄海経済圏の形成促進を目指しています。

環黄海地域の経済交流

環黄海経済・技術交流会議

「黄海」を取り巻く、日本(九州)・大韓民国・中華人民共和国 からなる経済圏域(※1)発展・深化を目指す交流のステージとして、2001年3月にスタートしました。

「環黄海経済・技術交流会議」は、日本側九州経済産業局、韓国側通商資源部、中国側商務部の3か国政府機関を始め、関係する自治体や経済団体、企業、研究者等が一堂に会し、貿易・投資、技術・人材等の相互協力について話し合うとともに、具体的なビジネスのきっかけを掴む場です。

(※1)環黄海地域経済圏

九州: 全域

韓国: 京畿道、忠清南道、全羅北道、全羅南道、慶尚南道、仁川広域市、大田市、光州市、釜山広域市の5道4市

中国: 遼寧省、河北省、山東省、江蘇省、北京市、天津市、上海市の4省3市

これまでの開催状況

九州・韓国経済交流会議

九州地域と韓国が、中小企業を中心に、それぞれが有する資金、技術、人材等の地域資源を相互補完し、貿易、投資及び産業技術の交流拡大と地域間交流の促進を目的として、九州地域と韓国で交互に概ね年1回開催しています。

▲このページの先頭へ

ベトナム

九州地域とベトナムとの間における投資促進や貿易拡大等、経済交流の促進を目的として、産官によるベトナムへのミッション団の派遣、ベトナムビジネス等に関する情報提供(セミナー等)、調査研究などを実施しています。

なお、九州経済産業局及び九州経済連合会が事務局をつとめる「九州経済国際化推進機構」においては、ベトナム政府計画投資省との間で「経済交流に関する覚書(MOU)」を2009年2月25日に締結しています。

ベトナムへのミッションの派遣

九州経済国際化推進機構では、産業界を中心とするミッション団を組織して、代表者によるベトナム政府要人への表敬訪問、専門家や進出日系企業との懇談、現地関連施設の視察や商談会などを開催しています。

九州・ベトナム経済交流ミッション2018(2018年3月11日~16日)

副首相等への表敬訪問、人材育成機関への訪問、ヘルスケア・ビューティ分野での商談会等

九州・ベトナム経済交流ミッション2016(2016年2月21日~26日)

国家主席等への表敬訪問、食品・食品加工分野での商談会等

九州・ベトナム経済交流セミナー

九州経済国際化推進機構では、関係機関と連携し、ベトナム政府計画投資省、商工省、ベトナム地方政府機関、工業団地関係者及びベトナム進出企業等を招き、経済交流セミナーを実施しています。

▲このページの先頭へ