九州経済産業局 > 政策紹介 > 金融・事業再生・事業承継 

九州北部豪雨に関してセーフティネット保証4号の指定地域を拡大します

平成29年8月8日
九州経済産業局

既にセーフティネット保証4号を指定している福岡県3市町村(朝倉市、朝倉郡東峰村、田川郡添田町)及び大分県2市(日田市、中津市)に加えて、福岡県うきは市及び大分県5市町(別府市、竹田市、由布市、玖珠郡九重町、玖珠郡玖珠町)を対象とします。

これにより、対象地域において被災され経営の安定に支障を生じている中小企業の皆様には、一般保証とは別枠での保証を行い、資金繰りを支援します。

背景・制度概要

 この度、福岡県及び大分県から、九州北部豪雨によって多数の中小企業・小規模事業者が事業活動に影響を受けているとして、セーフティネット保証4号の指定の要請がありました。

 これを踏まえ、既に指定している福岡県3市町村(朝倉市、朝倉郡東峰村、田川郡添田町)及び大分県2市(日田市、中津市)に加えて、福岡県うきは市及び大分県5市町(別府市、竹田市、由布市、玖珠郡九重町、玖珠郡玖珠町)を追加することとしました(近日中に官報告示予定)。

 これを受け、福岡県信用保証協会及び大分県信用保証協会においてセーフティネット保証4号の事前相談を開始します。(参考資料(PDF:269KB)参照)

 引き続き、九州北部豪雨の影響を受けた九州各地の中小企業・小規模事業者の資金繰り支援に万全を期して参ります。

参考

平成29年6月7日から7月27日までの間の豪雨及び暴風雨による災害が、激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律に基づき激甚災害として指定されました(中小企業庁)

本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 産業部 中小企業金融室
担当者: 西尾、今村
電話:092−482−5448