九州経済産業局 > 政策紹介 > 環境ビジネス > 

九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)がマレーシア廃棄物管理協会と覚書を締結しました

平成29年3月15日
九州経済産業局

九州経済産業局及び九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)は、環境問題への対応が急務となっているASEAN地域をターゲットとした企業の海外展開支援や現地の課題に対応した環境プロジェクト組成、海外ビジネスマッチングなどの取組を行っております。

その一環として、平成29年3月8日(水)〜9日(木)に、マレーシア廃棄物管理協会関係者25名が九州を訪問し、九州のリサイクル事業者等を視察するとともに、九州の企業とのビジネスマッチングを行いました。

また、環境ビジネスにおいて今後さらに強固な関係を構築し、メンバー間の交流を図るために、九州経済産業局立ち会いの下、K-RIP及びマレーシア廃棄物管理協会は覚書(MOU)を締結しました。

※九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)とは
約400の会員から構成される組織であり、平成11年に九州経済産業局が主体となり設立。環境エネルギービジネスを行う企業に対して支援事業を展開。

1. 水俣市視察

国の「環境モデル都市」に選定されている水俣市を訪問し、水俣病の歴史を学ぶとともに、市民と協働で様々な環境政策に取り組んでいる水俣市と情報・意見交換し、実際に市民と中学生が協力して資源ゴミを分別している現場も見学してもらいました。また、水俣市のリサイクル事業者である(株)田中商店、下水処理事業者である(株)アール・ビー・エスを訪問し、九州の環境・リサイクル技術を視察しました。

写真:水俣市視察

2. ビジネスマッチング会

3月9日(木)は、九州管内の環境ビジネス関連企業5社によるプレゼンを実施し、ビジネスマッチング会を開催いたしました。

写真:ビジネスマッチング会

3. MOUの締結

今回の九州訪問の機会を捉えて、九州経済産業局の立ち会いの下、K-RIP及びマレーシア廃棄物管理協会は、環境分野における相互協力と交流に向けたMOUを締結しました。このMOUの締結を機に、環境ビジネスにおける九州とマレーシアの関係がさらに強化され、メンバー間の交流が一層深まることが期待されます。

写真:MOUの締結

本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 資源エネルギー環境部 源エネルギー環境課
担当者:鶴丸、金山
電話:092−482−5499