九州経済産業局 >  政策紹介 > 産業人材 > ダイバーシティ推進

ダイバーシティ推進

最終更新日:2017年4月20日

 我が国がデフレ経済から「価値創造」経済へと転換を図っていくためには、女性、外国人、高齢者、障害者を含め、一人一人が能力を最大限発揮して価値創造に参画していくことが必要です。

新・ダイバーシティ経営企業100選

 「ダイバーシティ経営」とは、「多様な人材が持つ能力を最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営」を指します。

新・ダイバーシティ経営企業100選

経済産業省では、ダイバーシティ経営のすそ野を広げるため、様々な規模・業種の企業における「ダイバーシティ経営」への積極的な取組を「経済成長に貢献する経営力」として評価し、ベストプラクティスとして発信する「新・ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業大臣表彰)を実施しています。

本事業は、平成24年度から「ダイバーシティ経営企業100選」として実施し、3年間で140社が選定されました。平成27年度からは「新・ダイバーシティ経営企業100選」として、より広く経営に効果のある事例を選出しています。

事業の詳細・受賞企業などは、新・ダイバーシティ経営企業100選ホームページ (経済産業省)を参照ください。

ダイバーシティ経営企業セミナー

これまでの受賞企業に各社の取組事例を発表していただくと共に、公募情報等を紹介する「ダイバーシティ経営企業セミナー」を開催しました。

平成26年7月22日「ダイバーシティ経営普及セミナー」開催結果(PDF:301KB)

平成27年7月30日「ダイバーシティ経営普及セミナー」開催結果(PDF:319KB)

平成28年8月25日「ダイバーシティ経営最前線2016」開催結果(PDF:1,022KB)

女性の活躍促進

 詳細は「女性の活躍促進」ポータルサイトをご覧ください。

▲このページの先頭へ