九州経済産業局 > 政策紹介 > 産業技術 > 補助金(サポイン除く)

補助金(サポイン除く)

補助事業

地域イノベーション創出実証研究補助事業(補助金)

本事業は、地域の中小企業等、大学、高等専門学校及び地方公共団体が設置する研究機関等が共同で、優れた実用化技術の事業化に向けて実証又は性能評価等を行う事業を支援し、実用化技術の事業化を促進することを目的としています。

グローバル技術連携支援事業(補助金)

本事業は、厳しいグローバル競争に打ち克つため、複数の中小企業者等から構成される共同体が、オンリーワン技術の獲得や技術流出防止、模倣品対策を図りながら海外展開を目指して取り組む試作品開発と、その成果に係る販路開拓を支援することを目的としています。

イノベーション拠点立地支援事業 「先端技術実証・評価設備整備費等補助金(企業等の実証・評価設備等の整備事業)」

本事業は、企業等による先端技術の実証・評価等のための設備等の整備に対する補助を行うことにより、我が国の技術力を向上させ、産業競争力の強化及び地域経済の活性化を図ることを目的とするものです。

▲ページの先頭へ

すでに終了している補助事業等

震災復興技術イノベーション創出実証研究事業(補助金)

本事業は、被災地域の企業、公設試験研究機関、大学等のいずれかと連携した共同研究体による、新技術を活用した被災地域の復興・発展に資する生活・環境回復関連の実証研究を支援し、被災地での新事業・新産業を創出することで被災地の復興・発展を支援することを目的としています。

民間企業の研究開発力強化及び実用化支援事業 (補助金)

本事業は、民間企業が単独では対応できない高度な技術課題の解決に向けた研究開発とその実用化を促進し、新たな市場を創出するため、先端的・独創的な優れた技術を有する民間企業が、大学・公的研究機関等との共同研究によって、新製品や新技術の実証又は性能評価を行う事業について、民共同研究に要する費用を補助することを目的としています。

中小企業等の研究開発力向上及び実用化推進支援事業(補助金)

本事業は、中小企業等が単独では対応できない高度な技術課題解決に向けた共同研究とその実用化を促進し、新たな市場を創出するため、先端的・独創的な優れた技術を有する中小企業等が、大学・公的研究機関等との共同研究によって、新製品や新技術の実証又は性能評価を行う事業について、共同研究に要する費用を補助することを目的としています。

地域イノベーション創出研究開発事業(委託費)

本事業は 、地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、産学官の研究開発資源の最適化な組み合せからなる研究体を組織し、最先端の技術シーズをもとに新製品開発を目指す実用化技術の研究開発を実施することを目的としています。

地域新規産業創造技術開発費補助金

本事業は、企業等が行うリスクの高い実用化技術開発に要する経費の一部を国が補助することによって、地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図ることを目的としています。

地域活性化創造技術研究開発費補助金

地域における中小企業等が自ら行う創造的な技術研究開発を促進するため、新製品の試作開発等の研究開発に要する経費を国及び都道府県が一部補助するものです。(国から県を経由して企業への間接補助)

中小企業技術革新成果事業化促進事業

公設試等の技術支援を受けて技術課題を解決し、自社が有する優れた技術の事業化を図ろうとする中小企業に対し、技術支援を受けるために要する経費を補助します。

中小企業・ベンチャー挑戦支援事業のうち実用化研究開発事業

中小企業等の優れた技術シーズ・ビジネスアイデアの事業化による創業、新事業展開を促進するため、中小企業者等が行う実用化研究開発に要する経費を一部補助するとともに、ビジネスプランの具体化に向けたコンサルティング等を一体的に実施します。

 ▲ページの先頭へ