>>九州経済産業局 >>省エネ・節電コーナー

2014夏季の節電対策情報

最終更新日:2014年10月1日

2014夏季の節電対策情報

今夏の節電へのご協力について(御礼)

 九州経済産業局では、九州電力管内におきまして、今夏、平成26年7月1日(火)から9月30日(火)までの間(但し、8/13〜8/15を除く)、節電へのご理解・ご協力をお願いさせていただきました。

 特に今夏は、全ての原子力発電所の停止や電源開発の松浦2号機のトラブル等の影響により、東日本からの電力融通を行わなければ予備率3%を確保出来ない見通しでしたが、9月30日(火)をもって、無事お願いしていた節電期間が終了しました。

 皆様の節電等へのご協力と冷夏であった事もあり、今夏の節電期間を乗り切る事ができました。期間中は皆様方にご不便とご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げますとともに、電力需給対策に対する多大なご協力をいただきましたことを厚くお礼申し上げます。

 なお、節電期間中の最大消費電力量の推移については、九州電力ホームページをご覧ください。

夏季の節電・省エネ街頭キャンペーン第2弾 実施します実施しました(PDF:447KB)

 九州経済産業局では、九州電力(株)と共同して、夏季の「節電・省エネ集中実施月間(7〜9月)」の取り組みとして、7月1日に実施した節電・省エネ街頭キャンペーンの第2弾を8月1日以降、九州各都市で実施します。

(1)「節電・省エネ集中実施月間(7〜9月)」が7月1日にスタートしましたが、7月8日は急激な気温上昇により電力使用率が94%を超え、また梅雨明け以降、連日高気温となる日が続いており、7月25日には今夏の最大電力需要1,522万kwを記録するなど、今後、更に電力需要が増加することが予想されます。

(2)今夏の九州電力管内の電力需給は、定着した節電、東日本を含めた他地域からの電力融通等により、電力の安定供給に最低限必要な予備率3%以上を確保できる見通しとなりましたが、老朽化した火力発電所のトラブル等の発生リスクもあることから、昨年度と比較しても予断を許さない状況です。

(3)このため、一層の節電・省エネ意識の啓発を図るため、7月1日に「節電・省エネ集中実施月間推進大会」(福岡市)、夏季の節電・省エネ街頭キャンペーン(福岡市、北九州市、熊本市、大分市)を実施したところです。

(4)8月の夏本番を迎えるにあたり、上記の厳しい状況を踏まえ、当局は、あらためて節電・省エネのご協力をお願いするため、九州電力(株)と協同で街頭キャンペーンを九州各県県庁所在地、政令市8カ所に拡大して実施することといたしました。

詳しくはこちらからご覧ください。

2014夏季の節電・省エネ街頭キャンペーンを実施します実施しました(PDF:383KB)

 九州経済産業局では、夏季の「節電・省エネ集中実施月間(7〜9月)」開始日である平成26年7月1日(火)12:00から、九州地方環境事務所、福岡県、熊本県、北九州市、福岡市、熊本市、福岡県地球温暖化防止活動推進センター、熊本県地球温暖化防止活動推進センター、九州電力株式会社、北九州商工会議所と協同して、北九州市内、福岡市内、熊本市内の3ヶ所で同時に夏季の節電・省エネ街頭キャンペーンを実施します。

 なお、大分県等が大分市内において実施する夏季の節電・省エネ街頭キャンペーンにも、九州経済産業局から参加いたします。

詳しくはこちらからご覧ください。

“夏季「節電・省エネ集中実施月間(7〜9月)」推進大会”を開催します
〜九州省エネキャラバンin福岡も同時開催〜

 今夏の九州電力管内の電力需給は、東日本から初めて周波数変換装置を通じた電力融通を織り込むなど、非常に厳しい状況となっています。

 こうした状況を踏まえ、今夏は、これまでの街頭キャンペーンに加え、節電協力を目的として、官民一体となった初の「節電・省エネ集中実施月間(7〜9月)」推進大会を開催します。

 また、推進大会に引き続き、事業者等に省エネ・節電の具体的方策や事例等を紹介する「九州省エネキャラバンin福岡」を開催します。

お申し込み等、詳しくはこちらからご覧ください。

平成26年度夏季の節電広報計画及び行動計画を策定しました

 九州経済産業局では、政府の「今夏の電力需給対策」の決定を受け、九州電力の今夏の電力需給見通しが依然として厳しい状況であることから、平成26年5月20日に「節電対策本部」活動を再開しました。

 今般、同本部にて、関係省庁、自治体及び産業界等と連携して九州管内の節電・省エネ対策を推進するため、当局の節電広報計画及び節電行動計画を策定しました。

1.夏季の節電広報計画

 九州経済産業局では、市民、事業者等に向けた節電の取組について、一層の周知を図るため、関係省庁、自治体及び産業界等と連携した九州管内の節電広報計画(PDF:143KB)を策定しました。

【参考】九州管内関係機関における節電への取組(PDF:223KB)

2.当局夏季の節電行動計画について

 九州経済産業局では、当局の節電行動計画(PDF:300KB)を策定し、これまでの一連の取り組みを継続しつつ、ピーク時間帯(13時〜17時)を意識した取り組みを行うとともに、需給ひっ迫警報発令時には「ピークカット対策」等を実施していくこととしています。

節電対策本部の再開について

 九州経済産業局は、5月16日に開催された政府の「電力需給に関する検討会合」において決定された「今夏の電力需給対策」を踏まえ、本日から節電要請期間【※】終了日を目処に「節電対策本部(PDF:7KB)」の活動を再開しました。

 今夏は、東日本から初めて周波数変換装置を通じた電力融通を織り込むなど、非常に厳しい電力需給となっていますが、同対策を踏まえ、生活・健康や生産・経済活動に支障がない範囲で、着実な定着節電(平成22年夏季最大電力比:▲9.2%)に向けた取組を展開していきます。

【※】今夏の節電協力要請期間・時間

平成26年7月1日(火)〜9月30日(火)までの平日の9時〜20時までの時間帯

(ただし、8月13日(水)〜8月15日(金)を除く)

本ページに係る問い合わせ先
九州経済産業局 資源エネルギー環境部 エネルギー環境広報室 電話:092-482-5467