第14回九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議

最終更新日:平成30年1月9日

第14回推進会議では、「パリ協定」や「地球温暖化対策計画 」を中心とした地球温暖化対策やエネルギー政策の最新の動向について情報共有を行いました。また、情報技術の発展等を背景に商取引の高度化が進み、対策強化が急務となっている運輸部門・民生部門に係る物流の状況や国の取組などを議題として活発な意見交換を行いました。最後に、議長から、推進会議の構成機関が引き続き主体的に更に協働して徹底した省エネルギー及び温暖化対策の推進の牽引役として努めていくとの会議の総括を行いました。

開催概要

【日時】 平成29年11月22日(水)14:00~17:00

【場所】 リファレンス駅東ビル (福岡市博多区博多駅東1丁目16-14)

【次第】 議事次第(PDF:110KB)

【主な配付資料】

機関名 資料
エネルギー政策の動向について 資源エネルギー庁
省エネルギー小委員会意見 九州経済産業局
今夏の電力需給状況および今冬の電力需給見通しについて
長期の脱炭素化と社会経済の発展の同時実現に向けて 環境省
COOL CHOICEの推進について 九州地方環境事務所
物流効率化に向けた施策及び支援制度 九州運輸局
トラック運送事業の現状と適正化に向けた取組
今冬の気象状況について 福岡管区気象台