> 九州経済産業局  > 調査・報告

> 政策紹介

平成26年度有効競争レビュー「九州地域における次世代自動車関連部素材の市場動向及び参入可能性調査」

平成27年3月25日
九州経済産業局

表紙イメージ 九州地域は、150 万台超の生産能力を有する国内有数の自動車生産拠点であり、自動車産業は、九州地域の経済を支えるリーディング産業となっています。

 我が国の自動車産業を取り巻く環境が大きく変化する中、引き続き自動車産業が九州経済のけん引役であり続けるためには、地域のサプライヤーを含めた自動車産業の一層の基盤強化を図り、グローバルな競争力を強化することが重要です。

 また、平成26年には燃料電池自動車(FCV) が市場投入され、生産の拡大と産業としての成長が見込まれる中、九州地域においても、FCV や水素ステーション等の次世代自動車関連の部素材に対応したサプライヤーの集積促進と市場形成を図ることが今後の重要な課題となっています。

 そこで、九州経済産業局では、3つのテーマで実態調査を行いました。今般、その調査報告書を取りまとめましたので、公表します。


調査概要

調査報告書(全体版)

本資料に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 地域経済課
電話:092−482−5574