> 九州経済産業局  > 調査・報告

> 政策紹介

経営危機の打開策に向けた成長分野への労働移動調査

平成26年4月28日
九州経済産業局

 九州経済産業局では、経営危機の打開策として、将来が見込める新事業分野へ進出した企業における労働力確保の方法を調査・整理することで、成長分野への進出を行う企業における労働力の確保に資すると共に、新事業分野への進出を断念した事例の収集により、その理由(支障)を浮き彫りにし、規制改革や支援施策等へ繋げていくことを目的に、経営危機の打開策に向けた成長分野への労働移動調査を行いました。

 今般、その調査報告書を取りまとめましたので、公表します。


調査概要

(1) 九州主要産業の現状

(2) 九州管内半導体工場閉鎖等における人員移動事例

(3) 新事業分野への労働移動事例(アンケート及びヒアリング調査)

九州管内の企業にアンケート調査を実施(1,067件送付し、310件から回答)し、回答のあった企業の中からヒアリングを実施

(4) 九州各県・政令市の産業人材育成施策

公表情報を基に調査

報告書全体版

報告書分割版

本資料に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 産業人材政策課
TEL:092−482−5504