> 九州経済産業局  > 調査報告

> 政策紹介

平成24年度「九州次世代自動車産業研究会」報告書

〜「九州次世代自動車産業戦略」の取りまとめ〜

平成25年4月10日
九州経済産業局

 平成23年3月に発生した東日本大震災で顕在化したサプライチェーンの問題、歴史的な円高、アジア諸国をはじめとする海外企業との競争激化等、取り巻く環境が厳しくなる中、自動車産業が今後とも維持・発展していくために、九州地域としていかに取り組んで行くべきかを検討すべく、産・学・官・支援機関で構成する「九州次世代自動車産業研究会」(委員長:福岡大学 居城克治教授)を設置して、議論・検討を重ね、平成24年3月に「九州次世代自動車産業戦略」を取りまとめたところです。

 平成24年度も引き続き、九州地域の自動車産業の課題について議論・検討を行い、報告書を取りまとめましたので報告します。

報告書全体版

報告書分割版

表紙(PDF:70KB)

はじめに(PDF:120KB)

委員名簿(PDF:107KB)

目次(PDF:97KB)

1 検討した課題

1.九州の自動車産業の競争力強化(PDF:2.54MB)

(1)九州地域の基幹部品生産の現状

(2)地元調達化への課題

(3)地場企業支援

(4)今後の方向性

2.社会システムの中での自動車(ITS)(PDF:4.25MB)

(1)ITSの現状

(2)社会に浸透するITS

(3)普及に向けた取り組み

(4)地域での取り組み

(5)ITSの未来像

3.パーソナルモビリティへの展開(PDF:1.99MB)

(1)パーソナルモビリティの現状

(2)パーソナルモビリティ導入によって期待される効果

(3)次世代自動車産業としての期待

(4)普及に向けた課題

(5)今後の方向性

2 資料編

裏表紙(PDF:89KB)

報告書に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 地域経済課
TEL.092−482−5574