> 九州経済産業局  > 調査・報告

> 政策紹介

平成24年度産業公害防止対策調査
「九州地域におけるオフロード法の周知及び普及
推進に向けた業界団体等の情報伝達体制調査」報告書

平成25年3月21日
九州経済産業局

「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律」(通称:オフロード法)は、公道を走行しない特定特殊自動車の排出ガス規制であり、平成18年10月に施行されて以来6年以上が経過しております。九州経済産業局が実施した平成23年度の産業公害防止対策調査において、オフロード法規制の徹底および同法基準適合車両の普及促進のためには、整備工場および使用者の認知度向上を図るための「情報伝達体制の整備」が必要であるという結果を得ました。

このため、本年度の調査では、関係業界における「情報伝達体制」を調査するとともに、専門の委員で構成する委員会において、製造者から使用者まで情報が適正に伝達するための「情報伝達体制のモデル」及び「事業者ごとの役割や連携体制」についての検討を行い報告書としてとりまとめました。

報告書全体版

分割版

表紙(PDF:10KB)

はじめに(PDF:11KB)

目次(PDF:18KB)

第1章 調査目的及び調査概要(PDF:22KB)

1-1 調査目的

1-2 調査概要

第2章 オフロード法と特殊自動車排出ガス規制対策(PDF:308KB)

2-1 オフロード法

2-1-1 オフロード法の目的と成立の背景

2-1-2 特殊自動車排出ガス対策におけるオフロード法の位置づけ

2-1-3 オフロード法の概要

2-2 オフロード法関連法令等

2-2-1 排出ガス対策型建設機械指定制度

2-2-2 道路運送車両法

2-2-3 労働安全衛生法

第3章 九州地域におけるオフロード法にかかる実態調査結果(PDF:279KB)

3-1実態調査の概要

3-2 アンケート調査

3-2-1 オフロード法の認知状況

3-2-2 情報伝達体制

3-2-3 オフロード車に関する使用者の関心及び導入の動機

3-2-4 オフロード車保有状況

3-2-5 使用者におけるオフロード車に係る環境対策及び必要と考える支援

3-2-6 通常業務で利用している情報の入手経路・入手形態

3-2-7 アンケート調査のまとめ

3-3 ヒアリング調査

3-3-1 オフロード法の認知経緯

3-3-2 オフロード法の情報伝達の実態

3-3-3 使用者におけるオフロード法の情報の活用状況

3-3-4 オフロード車からの排ガス対策の取り組み

3-3-5 オフロード車に係る環境対策により使用者が期待するメリット

3-3-6 ヒアリング調査のまとめ

3-3-7 オフロード法の認知・対策実施状況のまとめ

3-4九州地域におけるオフロード車の使用実態及び台数推計

3-4-1 推計の対象と方法

3-4-2 九州地域の全業種及び製造業の保有台数の推計

3-4-3 九州地域の製造業主要三業種におけるオフロード車保有台数の推計

3-4-4 推計結果のまとめ

第4章 各業界における情報収集・伝達の現状(PDF:54KB)

4-1各業界における情報収集ルート及び情報発信ツール

4-1-1 オフロード車メーカーの情報発信ツール

4-1-2 販売店の情報収集ルート及び情報発信ツール

4-1-3 リース・レンタル業者の情報収集ルート及び情報発信ツール

4-1-4 整備業者の情報収集ルート及び情報発信ツール

4-1-5 使用者の情報収集ルート

4-2各業界における情報収集・伝達の現状のまとめ

第5章 オフロード法情報伝達における取組(先進)事例(PDF:208MB)

5-1 オフロード車メーカーにおける取り組み

5-2 使用者による取り組

5-2-1 セメント製造業における取り組み事例

5-2-2 金属製品製造業における取り組み事例

5-2-3 物流業における取り組み事例(1)

5-2-4 物流業における取り組み事例(2)

5-2-5 物流業における取り組み事例(3)

5-2-6 使用者における取り組み・まとめ

第6章 オフロード法の周知及び普及推進へ向けた情報伝達体制(PDF:72KB)

6-1検討委員会における情報伝達体制の検討内容

6-1-1 情報伝達体制に関わる関係者の現状整理

6-1-2 オフロード法の認知度が低い要因

6-1-3 使用者のオフロード法の遵守及びオフロード法適合車両への更新につながる動機づけ

6-1-4 オフロード法対策への取組意欲を高めるためのインセンティブ付与制度手法の検討とその効果

6-1-5 情報が効果的に伝達される情報発信の手法及び取り組み

6-1-6 法の厳格な適用による使用者への啓発

6-1-7 広告媒体やIT等の活用による相乗効果を出す方法

6-1-8 基準適合車両普及促進の検討

6-2情報伝達体制モデル

6-2-1 情報伝達体制モデル

6-2-2 情報伝達体制モデルに関わる関係者の役割

6-2-3 情報伝達体制モデル構築の手順・方法

参考資料(PDF:1,29MB)

参考1 アンケート調査結果

参考2 オフロード法調査 検討委員会報告

参考3 オフロード車(特定特殊自動車)排出ガス削減対策セミナー実施報告

参考4 オフロード車(特定特殊自動車)排出ガス削減 取組(先進)事例集

参考5 基準適合表示

裏表紙(PDF:76KB)

本報告書に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 資源エネルギー環境部 環境対策課
TEL.092−482−5499