> 九州経済産業局  > 調査・報告

> 政策紹介

平成23年度 企業経営における知財活用基盤整備事業 実施報告書

平成24年8月31日
九州経済産業局

報告書表紙

九州経済産業局特許室では、平成23年度に「企業経営における知財活用基盤整備事業」を 実施し、企業経営に知財を活用して頂くための様々な調査や支援を行いました。

調査としては、約5000社を対象とした知財活用についてのアンケートなどを行っており、 調査結果例としては、『知財を取得しない理由の66%は、「自社では権利化できるような発明や アイデアは存在しない」であり、自社には知財は無縁であると考えている中小企業は依然多い。』 といったものや、 『中小企業の抱える経営課題の半数が「売上げが伸びない又は減少した」であるのに対し、 知財取得の目的の多くは、「模倣品排除」「他社参入障壁の構築」であるため、知財取得が 経営課題の解決に役立っていない。(商品が売れていない状態ではそもそも模倣品は発生 しないため、知財を取得したことが経営課題の解決につながっていない)』 といったものがあがっています。

こうした現状に対する打開策として、1知財の活用方法は模倣品排除だけではないこと等を 知ってもらう2知財取得によりすぐさま売上げが伸びる訳ではため、売上げが伸びない原因を分析し、その原因の解決に知財が活用できないかを考えるような支援が必要、といった提言 をしております。

その他、企業が海外進出する際の阻害要因の調査や知財を経営に活用して頂くための企業支援 の実施結果などを掲載しております。

本報告書が、企業経営に知財を活用されようとしている皆様やそのような企業を支援されている方 にご活用頂ければ幸いです。

実施報告書全体版

実施報告書分割版

表紙(PDF:205KB)

目次(PDF:248KB)

第1章 はじめに(PDF:1,061KB)

第2章 統括検討委員会の運営(PDF:916KB)

1.設置の目的

2.開催結果

3.課題解決ワーキンググループの設置

第3章 企業経営における知財の活用状況調査(PDF:1,545KB)

1.目的

2.調査内容

3.調査方法

4.調査結果

5.まとめと考察

第4章 「知的財産経営プランニングブック」を活用した潜在的ニーズ・課題調査(PDF:798KB)

1.目的

2.調査内容

3.調査方法

4.調査結果

5.まとめと考察

第5章 海外展開阻害要因把握のためのヒアリング調査(PDF:1,184KB)

1.目的

2.調査内容

3.調査方法

4.調査結果

5.まとめと考察

第6章 「知財総合支援窓口」を活用した課題解決支援(知財戦略構築支援)(PDF:1,041KB)

1.目的

2.支援対象企業の選定

3.支援チーム編成

4.支援内容と成果

5.まとめと考察

第7章 地域の支援体制強化のための研修会の実施(PDF:1,301KB)

1.目的

2.開催概要

3.受講者の募集

4.開催結果

5.まとめと考察

第8章 総括(PDF:1,283KB)

1.成果のまとめ

2.課題と提言

添付資料

本報告書に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 技術企画課 特許室
TEL.092−482−5463