新たに「新連携事業計画」を3件認定しました

平成29年6月9日
九州経済産業局

九州経済産業局は、新たな事業活動に取り組む中小企業を支援するため、中小企業等経営強化法に基づいて、新たに「新連携事業計画」を3件認定しました。

新連携事業とは、複数の異分野の中小企業者が、それぞれの「強み」を持ち寄り、一つのグループとして、新しいビジネス(新商品、新サービス)で新市場を開拓していく事業です。

なお、認定事業者は、補助金への応募、低利融資、専門家派遣等の各種支援策の活用が可能となります。

(※参考1:新連携事業認定のスキームと支援内容(PDF:389KB)を参照)

新たに認定した新連携事業計画

番号 事業者名(コア企業) 法人番号 地域名 事業テーマ
1 株式会社ヴィンテージ 1290801006819 福岡県
北九州市
診療報酬加算計算・管理システム「iMedy(アイメディ)」の運用サービスの開発・事業化
2 株式会社 diffeasy 4290001071826 福岡県
福岡市
スマートフォンと人工知能を活用したスポーツ大会運営サポートサービスの開発・事業化
3 株式会社ジウン 2290001039908 福岡県
福岡市
医療画像管理システムPACSのシェアードサービスの開発及び事業化

新連携事業の認定件数及び累計(九州計・各県別)

福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 九州計
今回(件数) 3 0 0 0 0 0 0 3
累計(件数) 66 12 11 20 14 14 9 146

※累計には認定期間(最長5年間)を終了している事業者も含みます。

添付資料

本発表資料のお問い合わせ先
九州経済産業局 産業部 中小企業経営支援室 柳島室長
新連携担当:井上、石津、宮崎
電話:092−482−5491 FAX:092−482−5396