九州経済産業局 > 報道発表

 > イベント情報

 > 政策紹介

「セルロースナノファイバー(CNF)活用セミナーin九州」を開催します
〜竹を原料としたCNFの可能性〜

平成29年1月17日
平成29年2月23日更新
九州経済産業局

軽量、高強度、低線熱膨張といった優れた特性を示す「セルロースナノファイバー(以下、CNF)」は、次世代の革新的素材として注目されており、現在、研究開発・製造技術開発のステージから社会実装化に向けて、様々な取組がなされています。

本セミナーでは、CNFの利活用促進を目的として、CNFに関する将来展望、研究成果、活用企業の事例等について発表いたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

日時

平成29年2月23日(木)13:30〜17:30

場所

ハイアットリージェンシー福岡 ボールルーム(福岡市博多区博多駅東2−14−1)

定員

300名

参加費

無料

主催

経済産業省九州経済産業局、薩摩川内市、薩摩川内市竹バイオマス産業都市協議会、(一財)九州産業技術センター、九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)

プログラム

  1. 開会挨拶
    (1)九州経済産業局 地域経済部長 芳野 勇一郎
    (2)薩摩川内市長 岩切 秀雄
  2. 基調講演
    「CNFの研究開発について 〜ACC-CNFを中心に〜 」
    国立大学法人九州大学大学院農学研究院 教授 近藤 哲男 氏
  3. 講演
    (1)「国のセルロースナノファイバーの取組」
    経済産業省 製造産業局 素材産業課 革新素材室 室長 井上 悟志 氏
    (2)「ACC法を用いたCNFの工業生産 〜 竹を原料としたCNFの取組について 〜 」
    中越パルプ工業株式会社 開発本部 技師 坪井 国雄 氏
  4. 活用事例発表
    (1)「セルロースナノファイバーによるPP複合材料の開発」
    出光ライオンコンポジット株式会社 複合材料研究所 上席主任研究員 野寺 明夫 氏
    (2)「セルロースナノファイバー/カーボンナノチューブ 複合材の開発」
    日本資材株式会社 R&Dセンター グループリーダー 井上 均 氏
    (3)「CNFを活用したスピーカー用振動板の開発と商品化」
    オンキヨー株式会社 B2B本部 技術部 雲 浩靖 氏

閉会後 セミナー会場にて名刺交換会を開催します。(30分程度)

意向調査票について

九州経済産業局等では、平成29年度にセルロースナノファイバーの活用を希望される企業の方を対象に九州大学近藤教授及び中越パルプ工業(株)のご協力の下、セルロースナノファイバー実践講座を開催することとしております。この取組にご関心のある企業様は、以下の「意向調査票(WORD:28KB)」に必要事項を記載いただき、FAX又はメールにてご回答お願いします。ご回答いただいた方には、当局から必要に応じてご連絡をさせていただきます。

提出締切:平成29年3月9日(木)

本発表資料のお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 製造産業課長 中牟田
担当者:鬼丸、永野
E-mail:kyushu-cnf@meti.go.jp
電話:092−482−5445 FAX:092−482−5538