九州経済産業局 > 報道発表

 > 補助金・公募

 > 政策紹介

2016年「環黄海経済・技術交流大賞」の九州における受賞者が決定しました

〜日(九州)中韓、三国間の経済交流事例の表彰制度〜

平成28年7月6日
九州経済産業局

この度、九州経済国際化推進機構(会長:麻生泰((一社)九州経済連合会会長)、事務局:九州経済産業局、(一社)九州経済連合会)は、2016年「環黄海経済・技術交流大賞」の受賞者を決定致しましたのでお知らせ致します。

なお、当該大賞の表彰式は、平成28年7月13日(水)に中華人民共和国江蘇省塩城市にて開催する「第15回環黄海経済・技術交流会議」の中で行われる予定です。

環黄海経済・技術交流大賞とは

「環黄海経済・技術交流大賞」は、環黄海地域内で先進的・模範的な取組を行う地方公共団体、経済団体や企業等を三国共同で表彰することにより、当該地域の更なる経済発展を推し進めることを目的に、「第13回環黄海経済・技術交流会議(長崎会合)(2014年11月)」においてその創設が提案・合意され、「第14回環黄海経済・技術交流会議(釜山会合)(2015年11月)」から制度が開始されました(別紙1参照)。

2016年「環黄海経済・技術交流大賞」の受賞者について

九州経済国際化推進機構の会員等からの推薦により受賞候補者を募集し、外部審査委員会による審査を経て、九州における受賞者を2者選出致しました(別紙2参照)。また、韓国・中国両国においても2者ずつ受賞者を選出しており、三国合わせて6者に対して表彰が行われます。

2016年「環黄海経済・技術交流大賞」受賞者

  1. 企業等法人・個人部門:清本鐵工株式会社(宮崎県延岡市)
    (選定理由)
    中国大連市において汚水処理プラントを建設する際にとった日本と中国の連合事業体による事業執行の点、日本でのメンテナンス業務経験を生かして中国大連市における既存の排水設備改善工事等の引き合いを増加させている点などが評価できるため。
  2. 地方公共団体・経済団体部門:公益財団法人西日本産業貿易コンベンション協会(福岡県北九州市)
    (選定理由)
    西日本地域において初めて産業テーマ別の見本市を開催し、40年間にわたり時宜にかなった展示・商談会を開催してきた点、当該団体が開催する展示会による交流の効果を事業者のみならず環黄海地域の自治体まで波及させてきた点などが評価できるため。

受賞者の概要については、別紙2をご参照ください。

参考:中国及び韓国における受賞者

中国

  1. 企業等法人・個人部門:青島国際経済合作区管理委員会
    (Qingdao international economic cooperation zone)
  2. 地方公共団体・経済団体部門:江蘇省商務庁
    (Department of Commerce, Jiangsu Province)

韓国

  1. 企業等法人・個人部門:李承律
    (Lee Sung-rul)
  2. 地方公共団体・経済団体部門:韓国産学研協会社団法人
    (Korea Association of University, Research Institute and Industry (AURI))

参考資料

別紙1:「環黄海経済・技術交流大賞」について(PDF:69KB)

別紙2:2016年「環黄海経済・技術交流大賞」九州側受賞者概要(PDF:216KB)

本発表資料のお問い合わせ先
九州経済産業局 国際部 国際事業課長 谷川
担当者:岡山、古澤
電話:092−482−5942