九州経済産業局 > 報道発表

 > 政策紹介

地域団体商標「中津からあげ」が商標登録されました
〜商工会議所による全国初の地域団体商標の登録
九州地域の地域団体商標は76件に〜

平成28年1月8日
九州経済産業局

特許庁は、大分県の「中津からあげ」(出願人:中津商工会議所)を商標登録しました。

平成26年5月に商標法が改正され、地域団体商標を登録できる主体の範囲を商工会や商工会議所、特定非営利活動法人(NPO)まで広げ、さらに活用していただけるようになりました。

今回、商標登録された「中津からあげ」は、商工会議所による出願の全国初の商標登録となります。

これにより、九州では平成27年11月末以来、76件目の登録となります。また、全国の登録件数は587件となります。

1.登録された商標

商標:中津からあげ

指定商品:大分県中津地方に由来する製法により製造された鶏のからあげ

出願人:中津商工会議所

「中津からあげ」
写真:「中津からあげ」

2.地域団体商標制度の趣旨

地域ブランドを適切に保護することにより、信用力の維持による競争力の強化と地域経済の活性化を支援することを目的に、地域の事業協同組合や商工会、商工会議所、NPO法人等が使用する「地名+商品(サービス)名」からなる商標について、一定の要件を満たした場合に登録を認める制度です。

3.出願・登録状況(平成18年4月〜平成27年12月末現在)

出願件数
(全国):1116件
(九州):129件
登録件数
(全国): 584件
(九州): 74件

※地域団体商標制度の概要、及び全国で登録された地域団体商標の詳細は、特許庁ホームページをご参照ください。

参考

「中津からあげ」について(PDF:21KB)

本発表資料のお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部技術企画課 特許室長 横田
担当者:石井、井上
電話:092−482−5463