九州経済産業局 > 報道発表

 > イベント情報

 > 政策紹介

「省エネ政策提案型パブリック・ディベートコンテスト」を開催します
〜テーマは、「地球温暖化と省エネルギー〜みんなで止めよう!地球の発熱」〜

平成28年1月6日
九州経済産業局

九州経済産業局では、中・高校生のエネルギー問題に関する理解促進を図るため、省エネルギー対策について、自ら考え、提案し、今後の活動に役立ててもらうことを目的としたパブリック・ディベートコンテストを昨年(2015年)に引き続き開催します。

背景・目的

 現在、我が国は、エネルギー自給率が約6%にすぎない中、省エネへの取り組みを積極的に推進していますが、その中で、家庭部門は2013年度にはエネルギー消費量が1973年度比2.0倍、運輸部門は1.8倍に増加し、両部門合わせて消費量全体の約4割を占めるなど、更なる省エネの推進が喫緊の課題となっています。

 一方、2014年度の我が国の温室効果ガスの総排出量は、燃料転換(石油からガス及び再エネ)や省エネの進展により前年度に比較して5年振りに排出量は3%減少しました。エネルギー起源二酸化炭素排出量も、前年度比3.6%減となりました。

 こうした中、我が国は、昨年(2015年)12月パリで開催されたCOP21において、2030年度に26%削減(2013年度比)という高い目標を実現する努力をすることを約束しました。

 このようにエネルギー問題は、将来にわたって国民全体にとって大きな問題であり、これまで当局では日本パブリック・ディベート協会等と連携し、将来を担う若年層を対象に省エネ意識の醸成のためパブリック・ディベートコンテストを開催してきました。

 今年度(2016年度)は、「地球温暖化と省エネルギー」をテーマとし、応募があった学校間で、中学、高校の部に分かれコンテストを行い、予選、決勝戦の結果、優勝校を決定し、当日表彰式を執り行います。

開催概要(案内チラシ(PDF:654KB)をご覧ください)

日時

平成28年1月10日(日)10:30〜16:30

場所

福岡工業大学 C棟地下ホール 他

福岡市東区和白3−30−1(JR鹿児島本線 福工大前下車)

定員

300名

エネルギー・環境基礎講座

「世界・国・地域・個人レベル  地球温暖化、気候変動への対策と効果」

講師:九州環境管理協会顧問工学博士九州大学名誉教授 持田 勲 氏

論題

地球温暖化と省エネルギー〜「みんなで止めよう!地球の発熱」

地球温暖化問題を見つめ直し政府が採用すべき省エネ対策を提案する

出場校

中学校 6校

福岡教育大学附属小倉中学校(福岡)

佐賀大学文化教育学部附属中学校、学校法人東明館学園東明館中学校(佐賀)

学校法人青雲学園青雲中学校、学校法人精道学園精道三川台中学校(長崎)

宮崎県立宮崎西高等学校附属中学校(宮崎)

高等学校 8校

福岡県立城南高等学校、福岡工業大学附属城東高等学校(福岡)

学校法人東明館学園東明館高等学校(佐賀)

学校法人青雲学園青雲高等学校、学校法人精道学園精道三川台高等学校(長崎)

学校法人熊本マリスト学園高等学校、学校法人文徳学園文徳高等学校(熊本)

宮崎県立宮崎西高等学校(宮崎)

主催

九州経済産業局、日本パブリック・ディベート協会、全国教室ディベート連盟九州支部

協力

福岡工業大学、九州大学、福岡女子大学、西南学院大学

後援

九州各県・政令市教育委員会、朝日新聞社、産経新聞社、西日本新聞社、日本経済新聞社西部支社、毎日新聞社、読売新聞社

参加費

無料(どなたでも見学いただけます)

 参考

スケジュール

10:30〜10:40 開会式

11:10〜12:15 中学校対戦Ⅰ、高校予選Ⅰ

        (昼食)

12:50〜13:55 中学校対戦Ⅱ、高校予選Ⅱ

14:10〜14:25 高校予選結果発表・決勝戦準備

14:25〜15:10 高校の部決勝戦(中学校の部は対戦結果により順位確定)

15:10〜15:15 決選投票

15:15〜16:00 エネルギー・環境基礎講座

16:00〜16:30 決勝解説、結果発表、表彰式、講評、閉会式

政策提案型パブリック・ディベートの討論形式と時間(日本パブリック・ディベート協会制定ルールより)

本ディベートは以下の形式によって展開する。

・ステージ1 先攻チームによる政策提案 5分

・ステージ2 先攻チームの提案する政策についての質疑と意見交換 5分

・ステージ3 後攻チームによる政策提案 5分

・ステージ4 後攻チームの提案する政策についての質疑と意見交換 5分

        準備時間         5分

・ステージ5 後攻チームによる論点明示と政策の再提案 5分

・ステージ6 先攻チームによる論点明示と政策の再提案 5分

本発表資料のお問い合わせ先
九州経済産業局 資源エネルギー環境部 エネルギー環境広報室長 湯川
担当者:詫間(たくま)
電話:092(482)5467