新たに「地域産業資源活用事業」を2件認定しました

平成27年10月21日
九州経済産業局

九州経済産業局は、新たな事業活動に取り組む中小企業を支援するため、地域産業資源活用事業を2件(大分県1件、熊本県1件)、を認定しました。(下記参照。)

なお、認定事業者は、補助金への応募、低利融資、また専門家派遣等の各種支援策の活用が可能となります。
(※参考1:各法律による認定のスキームと支援内容(PDF:322KB)を参照)

※1 地域産業資源活用事業とは、地域の強みとなる農林水産物、鉱工業品、観光資源を活用する新事業です。

平成27年度第2回認定事業計画(個別計画の詳細は別紙(PDF:252KB)参照)

番号 事業者名 地域名 事業テーマ
1 有限会社紅屋(べにや) 大分県
日田市
世界初、杉の含有成分を利用した自然発色杉材の試作開発・販路開拓
2 有限会社やまえ堂 熊本県
山江村
「やまえ栗」100%使用した「栗」菓子のシリーズ化と、新商品開発事業

今回認定及び累計(九州計・各県別)

事業名 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 九州計
地域産業資源活用 今回 0 0 0 1 1 0 0 2
累計 40 17 16 33 15 13 26 160

添付資料

本発表資料のお問い合わせ先
九州経済産業局 産業部 中小企業経営支援室長 山田
地域資源担当:高田、鮫島
電話:092−482−5491