平成27年度地熱開発理解促進関連事業支援補助金の採択結果を公表します

〜九州管内の4事業を採択〜

平成27年6月1日
九州経済産業局

九州経済産業局では、平成27年度地熱開発理解促進関連支援事業補助金について、以下のとおり4件の事業を採択しましたのでお知らせします。

補助金の概要

 本事業は地熱資源開発の推進を図るため、地方公共団体や温泉事業者等が地熱の有効利用を通じて地域住民への開発に対する理解を促進することを目的として行う事業を支援するものです。

採択決定

 補助事業の採択は、外部有識者等による審査委員会での結果を踏まえ、当局で4件、全国で28件について採択いたしました。

九州管内の採択事業者

NO 実施地域 事業者名 申請概要
1 大分県由布市 (株)ハーブガーデン 由布市における地熱開発に向けて、発電後の熱水を活用した農業ハウスを設置して花き栽培事業(ハーブ園)を実施するとともに、発電後の熱水を活用した足湯等を整備することで、地域の地熱開発に対する理解促進を図る。
2 大分県九重町 久大林産(株) 九重町における地熱開発に向けて、発電後の熱水を多段階に活用した事業を実施する際に生じる課題の検討を行うことを目的に、勉強会・講演会や先進地視察を実施することで、地域の地熱に対する理解を促進する。
3 熊本県小国町 合同会社わいた会 小国町わいた地区における温泉施設に熱水を供給するための配管を整備する他、熱水を活用した農業ハウスを設置し、農業特産品を開発することを通して、地域における地熱開発に対する理解を促進する。
4 鹿児島県指宿市 (株)新日本科学 既存の発電所の余剰蒸気や熱水を利用した地熱釜、農業ハウスを設置する他、地元住民が利用するプールへ余剰熱を供給する配管を整備することで、地域の地熱開発に対する理解促進を図る。

全国の採択事業者等

経済産業省のホームページをご覧ください。

本発表資料のお問い合わせ先
九州経済産業局 資源エネルギー環境部 電力事業課長 小野
担当者:松林、下山
電話:092−482−5517