> 九州経済産業局 > 報道発表

> 政策紹介

第5回「ものづくり日本大賞」受賞者を決定しました

〜九州からは内閣総理大臣賞2件受賞〜

平成25年9月13日
九州経済産業局

ものづくり日本大賞は、我が国産業・文化を支えてきた「ものづくり」を継承・発展させるため、ものづくりを支える人材の意欲を高め、その存在を広く社会に知らしめることを目的に創設された表彰制度で、平成17年度から2年に一度実施されています。

第5回を迎える今回は、九州管内から内閣総理大臣賞に2件13名の受賞者が決定しました。また、特別賞として3件21名、優秀賞として7件34名の受賞者も決定しました。

このほか、当局では応募があった中から、九州経済産業局長賞として8件38名の受賞者を決定しました。

九州管内の受賞数

  • 内閣総理大臣賞
2件(全国 8件)
  • 特別賞
3件(全国10件)
  • 優秀賞
7件(全国34件)
  • 九州経済産業局長賞
8件

添付資料

参考

全国の受賞結果については、経済産業省のホームページをご参照下さい。

 

(九州地区表彰式について)

九州地区での表彰式については、平成25年10月18日(金)福岡市内において開催する予定であり、詳細が決まり次第発表します。

本発表資料のお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 製造産業課長 小井手
担当:田中、千住、重松
電話:092−482−5442