九州経済産業局 > イベント情報

 > 政策紹介

第6回九州チャレンジ・ワークショップを開催します
~農業の未来と可能性を学ぶ人材育成講座2018(第3回)~

平成30年11月28日
九州経済産業局

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会まで、いよいよ2年を切りました。九州各地では、事前キャンプ誘致やホストタウン登録の動きに加え、2019 年ラグビーW杯(福岡県、大分県、熊本県開催)や女子ハンドボール選手権(熊本県開催)など、大規模国際スポーツイベントに向けた取り組みが、徐々に活発化しています。

これらの大規模スポーツイベントは、日本食や文化など、海外に向けた九州の魅力発信や、国内外の需要獲得に向けた絶好の機会であり、九州・沖縄地方産業競争力協議会※1(大規模国際スポーツイベント活用分科会)では、オリンピック・パラリンピックを契機とした事業展開を検討する事業者や自治体に対して、様々な情報を提供するワークショップを開催しています。

今回は、農産品のオリパラ調達やGAP取得、輸出をテーマに、九州農業成長産業化連携協議会※2が主催する「農業の未来と可能性を学ぶ人材育成講座」と合同で開催します。

※1 九州・沖縄の官民が一体となって、次世代の成長産業の育成など、九州の産業競争力の強化を推進する会議体
(共同事務局:(一社)九州経済連合会、大分県、九州経済産業局、内閣府沖縄総合事務局)

※2 九州の農林水産業の成長産業化に向けて、農業界と経済界との連携促進により、商品開発、販売、輸出等の拡大を目的として設立した協議会
(共同事務局:(一社)九州経済連合会、九州経済産業局、九州農政局、(一財)九州地域産業活性化センター)

日時

平成30年12月21日(金曜日) 13時00分~16時20分

場所

グランメッセ熊本 中会議室 (熊本県上益城郡益城町福富1010

主催

九州・沖縄地方産業競争力協議会、九州農業成長産業化連携協議会

参加費

無料

プログラム

  1. 主催者挨拶(5分)
  2. 農産品のオリンピック・パラリンピック調達について(60分)
    (公財)東京都中小企業振興公社 事業戦略部 中小企業世界発信プロジェクト事務局
    主任 磯 譲二 氏
    発注コーディネータ 牟田 実 氏
  3. GAP取得の意義について(60分)
    特定非営利活動法人(NPO法人)GAP総合研究所 専務理事 武田 泰明 氏
  4. 熊本県の取組(10分)
    熊本県農林水産部農業技術課 課長補佐 大村 誠 氏
  5. 国の支援策について(20分)
    九州農政局、九州経済産業局
  6. 質疑応答・名刺交換(30分)

申込方法

12月14日(金曜日)まで九州経済連合会ウェブサイトからお申し込みいただくか、下記の案内チラシ兼申込書によりFAXにてお申し込み下さい。

お問合せ先

九州経済産業局

 総務企画部 企画課(担当:春口) 電話:092-482-5414

 産業部 農林水産業成長産業化支援室(担当:松山) 電話:092-482-5540

本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 総務企画部 企画課
担当:春口
電話:092-482-5414 FAX:092-482-5947