九州経済産業局 > イベント情報

 > 政策紹介

「九州ヘルスケア産業最前線2018」を開催します

平成30年2月22日
九州経済産業局

九州経済産業局では、九州地域のヘルスケア産業の創出と、ヘルスケアビジネスを牽引する地域中核企業等の支援を目的に、ヘルスケア関連プロジェクトの発表会を開催します。

世界に先駆けて高齢化社会に直面する我が国において、平均寿命のみならず、健康寿命の延伸する社会の構築が求められています。そのためには、人口減少と医療費増大が進む中で、保険外の民間サービスや医療関連機器開発などによる、新たな社会システムの構築が急務となっています。

こうした状況を踏まえ、本発表会では、海外に向けた取り組みの紹介、地域実証事業の成果報告、次世代ヘルスケア産業を展望するディスカッション等を行い、九州地域のヘルスケア産業の創出を後押しします。

日時

平成30年3月13日(火曜日)13時15分~16時50分

場所

ハイアットリージェンシー福岡 2階ボールルーム(福岡市博多区博多駅東2-14-1)

主催

九州経済産業局、九州ヘルスケア産業推進協議会

定員

200名※事前申込み制、参加無料(交流会:会費2500円/人)

プログラム

13時15分 主催者挨拶

13時25分 特別講演

「九州からアジアへ、東九州メディカルバレー発の挑戦」
九州保健福祉大学 教授 竹澤 真吾 氏

14時05分 平成29年度 健康寿命延伸産業創出推進事業(地域実証)成果報告

  1. 株式会社インテグリティ・ヘルスケア(福岡市)
    「地域医療機関と連携した、勤労世代への医療アクセシビリティ向上事業」
  2. 株式会社オファサポート(宮崎市)
    「運転を継続する者に対し、介護予防を取り入れた運転能力トレーニング サービスの提供」
  3. 株式会社サンキュードラッグ(北九州市)
    「食と学びのフレイル対策による新たな産業創出推進事業」
  4. 株式会社タスケア(長崎市)
    「遊休看護師の活躍による、ハッピーエンディングプロジェクト」

15時30分 次世代ヘルスケア戦略(研究会報告/パネルディスカッション)

今年度実施した「九州地域における次世代ヘルスケア戦略に関する研究会」での検討をふまえ、ヘルスケア分野におけるベンチャービジネス、地域における実証・実装等について「Society5.0」時代における九州のヘルスケア産業を展望します。

【パネリスト】
QBキャピタル合同会社 代表パートナー 坂本 剛 氏
株式会社OKEIOS 代表取締役 中村 享有希 氏
九州大学大学院 医学研究院 助教 吉田 大悟 氏

17時00分 交流会(会費制)

※展示コーナー設置

参加申込方法

専用フォーム(http://www.health-care2018.com)、または、案内チラシ兼申込書(PDF:1.09MB)に必要事項を記載の上、事務局(株式会社コムディア)担当:古海まで、FAX(093-551-0579)またはEメール(info@comdia.co.jp)で、お申し込みください。

本件のお申し込み先
事務局(株式会社コムディア)
担当者:古海
メール:info@comdia.co.jp
FAX:093-551-0579
本件のお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 新産業戦略課
担当者:西下、西中村
電話:092-482-5438